グリセルブランド/Griselbrand

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Griselbrand / グリセルブランド (4)(黒)(黒)(黒)(黒)
伝説のクリーチャー — デーモン(Demon)

飛行、絆魂
7点のライフを支払う:カードを7枚引く。

7/7

希望の天使アヴァシン/Avacyn, Angel of Hopeと双璧を成す伝説のデーモン。いかにもの大物らしく「デカい重い色拘束が強い」と三拍子揃った基本スペックに加え、ライフを犠牲にした大量ドロー能力を持つ。

[編集] 解説

ビートダウンに対しては絆魂持ちの大型クリーチャーとしてダメージレースを制圧し、ライフを攻めてこないコントロールに対しては大きなカード・アドバンテージを稼げる。さらに2つの能力が噛み合っており、戦闘を繰り返すことで何度でもドロー能力を使うことができる。

除去耐性としては黒いことと高タフネスであることだけで、あくまでそれなり。しかし除去対応して7枚以上の手札を確保でき、もしその中にカウンターがあれば打ち消すことで守れるし、あるいは次のグリセルブランドがあれば再び召喚できるので、間接的にではあるが除去に強いと言える。その際に撃たれたのが剣を鍬に/Swords to Plowshares糾弾/Condemnであれば、起動コストに支払ったライフが帳消しになるのも魅力。とはいえやはりライフ消費が激しいのは無視できない欠点で、これを除去できる上にライフを詰めてくるデッキ、例えばDelver-Bladeなどは苦手な相手。

[編集] 利用

総じてコストパフォーマンスが非常に高いクリーチャーだが、その分8マナと非常に重い上、クァドラプルシンボルなのが難点。普通に使うフィニッシャーとしてはほぼ単色デッキ限定な上、もっと軽いライバルも多い。ドロー能力がライフの削られていることが多い終盤では若干扱いづらいこともマイナス。他方、リアニメイトなどでマナ・コストを踏み倒して戦場に出すクリーチャーとしては非常に強力。広いカードプールを持つ環境では、その手の踏み倒し手段が豊富なことに加え、軽いカードが多く大量のドローを即座に生かせることなどから一気に強さを増す。

スタンダードでは上記のような素出しでの扱いづらさもあって、ほとんど活躍を見せないままスタンダード落ち。しかしレガシーでは登場直後からさっそく活躍を見せ、スニークアタックなどで結果を残している。騙し討ち/Sneak Attackとのシナジーは強烈であり、グリセルブランド自身が騙し討ちで呼び出す大型クリーチャーとして及第点の能力を持っているだけではなく、ドロー能力で次のアタッカーを用意することで息切れを防ぐことができる。攻撃目当てでなくとも1マナでインスタント・タイミングで戦場に出すことができるため、ブロックして得たライフからドローしたり、あるいはドローだけのために戦場に出すことも容易。ヴィンテージでもグリセルブランドオースなどを生み出すほどの活躍を見せている。

  • ドロー効率は「ライフ1点につきカード1枚」であり、ある意味でヨーグモスの取り引き/Yawgmoth's Bargainの調整版とも言える。この強烈なドロー能力から、ピットサイクルのようなチェイン・コンボのパーツになれる可能性もある。ヨーグモスの取り引きと比べると小回りは効きづらいが、クリーチャーであるためマナ・コストを踏み倒す手段は本家以上なのは大きなメリット。クリーチャー故の脆さも瞬殺型コンボデッキならカバーしやすい。
  • 発掘との相性も良好。墓地が十分に肥えていれば一度の起動ライブラリーを空にすることも不可能ではない。

[編集] その他

  • パワー、タフネス、ライフコスト、ドロー枚数と、カード内に7が多い。なお点数で見たマナ・コストは7ではないので注意。
    • Mark Rosewaterは「私がデザインしたのであれば、コストは7にしていただろう」と述べ、実際デベロップでも同様の意見はあったが、デベロップ・チームが8マナでも強過ぎると判断したために現在の設定となった[1]。また後にこれのコストが7マナでないことについて、不満を言った人数がアヴァシンの帰還の他のすべてを合わせたよりも多かったことを明かし、認知上の美学が与えた影響の大きさを教訓として語っている[2]
  • イニストラード・ブロックの最後を飾る大物として、発売前にストーリーとカード画像とがいち早く公開された(下記リンク参考)。しかしその記事の中で、復活したはいいものの特に見せ場なくあっさりと最期を迎えることまで紹介されてしまった。
  • グリルブランド。グリゼルブランドではない。
  • 統率者戦では、マナ・コストが重いものの、戦場に出たら容易に手札を稼げる、初期ライフが高めである為能力を複数回起動しやすい、等の理由から2012年6月20日(Magic Onlineでは6月27日)より禁止カードに指定された。
  • 2015年グランプリ参加者に新規イラスト版のプロモーション・カードが配布された[3]

[編集] ストーリー

グリセルブランド/Griselbrandイニストラード/Innistradで最も強大な悪魔アヴァシン/Avacynと戦い、彼女とともに獄庫/The Helvaultの中に封じられていた。リリアナ・ヴェス/Liliana Vessと契約を交わした4体の悪魔のうちの1体でもある。

詳細はグリセルブランド/Griselbrand (ストーリー)を参照。

[編集] 参考

  1. Avacyn-gle Ladies, Part 2/アヴァシングル・レディー その2(Making Magic 2012年4月30日)
  2. 20の年、20の教訓 その1(Making Magic 2016年5月30日)
  3. 2015年プロツアー、グランプリのスケジュール公開(Article 2014年8月2日)
QR Code.gif