修繕/Tinker

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Tinker / 修繕 (2)(青)
ソーサリー

修繕を唱えるための追加コストとして、アーティファクトを1つ生け贄に捧げる。
あなたのライブラリーから、アーティファクト・カードを1枚探し、そのカードを戦場に出す。その後あなたのライブラリーを切り直す。


アーティファクト専門のサーチカードTransmute Artifactの強化版。またはアーティファクト版自然の秩序/Natural Order。その名を冠したティンカーデッキキーカードである。

ライブラリーのあらゆるアーティファクトを、マナ・コストを無視して直接戦場に出せる唱えるためには追加コストとして他のアーティファクトが必要であり、カード・アドバンテージを失うことになる。そういった事情から、無条件での採用はできないが、極めて強力で融通性も高いカードになっており、これを中心としたいくつかのデッキを生み出すに至った。

出た当時はアーティファクトといえば重くても5マナ~6マナがせいぜいで、強力なアーティファクトが少なかったため特段の措置は取られていなかったが、その危険性は指摘されていた。発売当初からメグリムジャーの凶悪化を助け、またティンカーやスーサイドブラウンが当時の世界選手権を制圧した。おにぎりシュートの高速化にも一役買っている。

さらにミラディンでのアーティファクト・土地と強力な重量級アーティファクトの追加によって、それまでネックだった安定性の問題がほぼ払拭され、爆発力も跳ね上がり、エクステンデッド環境に大きな影響を与えた。特にティンカー・スタックスマナベルチャー等の瞬殺型コンボデッキが横行、プロツアーニューオーリンズ03を席巻し、最終的に修繕は禁止カードの指定を受けることとなった。

ヴィンテージでも制限カードとして活躍。ヴィンテージはMoxを始めとする強力なマナ・アーティファクトの存在により追加コストを満たす条件が非常に緩い。Vault Controlによる通電式キー/Voltaic KeyTime Vaultコンボパーツをサーチするカードとしてだけでなく、他のデッキでも荒廃鋼の巨像/Blightsteel Colossusを始めとしたフィニッシャーサーチ専用のカードとして使われている場合もある。この場合サーチではなく加速としての面が際立っている。→ティンカー戦略

1999年10月1日よりタイプ1(現ヴィンテージ)で制限カードタイプ1.5禁止カードに指定された。2004年1月1日よりエクステンデッドでも禁止。2004年9月20日よりタイプ1.5から移行したレガシーでも続けて禁止。From the Vault:Exiledにあわせて、2009年8月26日より100カードシングルトン司令官戦プリズマティックトライバル・ウォーズ・クラシックでは禁止カードに、クラシックでは制限カードに指定した。

[編集] 関連カード

アーティファクト・カードを探すカードや、マナ・コストを無視して直接戦場に出せるカード

[編集] 参考

  1. Make No Mistake(Making Magic 2003年11月10日) - その8
  2. M:tGやっちまった小咄集(個人サイト「Braingeyser」、上の記事の和訳)
  3. Banned-ing Week (Latest Developments 2003年12月5日)
QR Code.gif