自然の秩序/Natural Order

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Natural Order / 自然の秩序 (2)(緑)(緑)
ソーサリー

自然の秩序を唱えるための追加コストとして、緑のクリーチャーを1体生け贄に捧げる。
あなたのライブラリーから緑のクリーチャー・カードを1枚探し、それを戦場に出す。その後あなたのライブラリーを切り直す。


単純に言うならば、戦場クリーチャーライブラリーにある緑のクリーチャーに換えてしまうソーサリー

追加コストが必要な上にが限定されているが、強力なサーチ呪文マナ・クリーチャーから新緑の魔力/Verdant Forceに繋げるのが定番の動き。元祖nWoキーカードとなり、デッキ名の由来にもなった。

しかし残念なことに、次のテンペスト・ブロック適者生存/Survival of the Fittest繰り返す悪夢/Recurring Nightmareが登場したことにより価値が下がってしまった。「好きなクリーチャーを探し出せる」という利点は適者生存が、「軽いコスト戦場に出せる」という利点は繰り返す悪夢が持っており、両者は再利用が可能であったためである。稀ではあるが、ミラージュ・ブロック+テンペスト・ブロック期のスタンダード5CGで、極楽鳥/Birds of Paradise能力で小さくなった根の壁/Wall of Roots生け贄に捧げてスリヴァーの女王/Sliver Queenが飛び出してくることはあった。

その後、エクステンデッドシークレットフォースのキーカードとして再び脚光を浴びることとなった。

レガシーでは、大祖始/Progenitus孔蹄のビヒモス/Craterhoof Behemothなどの優秀な緑のクリーチャーが増えたため、それらを直接戦場に出す手段として親和エルフなどで採用されている。

[編集] 参考

QR Code.gif