隔離するタイタン/Sundering Titan

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Sundering Titan / 隔離するタイタン (8)
アーティファクト クリーチャー — ゴーレム(Golem)

隔離するタイタンが戦場に出たか戦場を離れたとき、基本土地タイプ1種につきそのタイプの土地を1つ選ぶ。その後それらの土地を破壊する。

7/10

戦場に出たときと離れたときのそれぞれで土地を大量に破壊する巨大アーティファクト・クリーチャー。特に多色コントロールデッキに対して強力で、あっという間にマナ基盤をずたずたにする。

マナ・コストは非常に重いが、たいてい歯と爪/Tooth and Nail修繕/Tinkerサーチコスト踏み倒しで直接戦場に出るためほとんどデメリットになっていない。鏡割りのキキジキ/Kiki-Jiki, Mirror Breakerコピーを出すとさらに大変なことに。

デュアルランドショックランドの存在する環境ではさらに強力。自分のコントロールしている土地の基本土地タイプ対戦相手も持っている可能性が高いため、一方的に被害を与えやすい。エクステンデッドではラヴニカ・ブロックでショックランドが登場してからは強化された。歯と爪を使わないウルザトロン青白トロン青緑トロン)でもフィニッシャーとして多く採用されていた。

モダンでも同様に赤緑トロン青単トロンで採用されることがある。レガシーではMUDのフィニッシャーの1つ。

ヴィンテージ環境ではMishra's Workshop修繕/Tinkerゴブリンの溶接工/Goblin Welderマナ吸収/Mana Drain等から高速召喚される。上記の通りデュアルランドに対して有効なため、余計たちが悪い。

2004年9月20日よりプリズマティック禁止カードに指定される。また統率者戦でも2012年6月20日(Magic Onlineでは6月27日)より禁止カードに指定。

[編集] ルール

よく「能力の意味がわからない」と言う意見が出るが、実際わかりにくい能力なのは確かである。大雑把に言ってしまえば「各基本土地タイプ平地)を持つ土地を1枚ずつ選んで破壊する」という能力なのだが、挙動がやや特殊である。

  • この能力は明確なメリットとして機能しているため、トーナメントでも使用頻度が高くなり、しばしばルールに関する質問が出されることにもなった。

まず、この能力は対象をとっていないことに注意。そのため破壊する土地の選択は、能力の誘発時ではなく、解決時に行う。

  • 各基本土地タイプのうち、足りないものがあっても問題なく処理される。
  • 被覆呪禁で守られている土地でも問題なく破壊できる。
  • 「選んで破壊する」が一連の効果であり、その間に割り込んで手札戻したり生け贄に捧げたりして被害を軽減したりできない。

「基本土地タイプ1種につきそのタイプの土地を1つ選ぶ。」とは、次の5つすべてを行うということである。

  • 戦場に出ている平地のうち1枚をあなたが選ぶ。無いなら選ばない。
  • 戦場に出ているのうち1つをあなたが選ぶ。無いなら選ばない。
  • 戦場に出ているのうち1つをあなたが選ぶ。無いなら選ばない。
  • 戦場に出ているのうち1つをあなたが選ぶ。無いなら選ばない。
  • 戦場に出ているのうち1つをあなたが選ぶ。無いなら選ばない。
    • この際、「戦場にあるのに選ばない」ことはできない。よって、対戦相手の土地を選べず、結果自分の土地を選ばなければならなくなることもありえる。
    • ただし、土地が破壊されるのはすべて選び終わった後である点がミソ。そのため、基本土地タイプを複数持つ土地を、それぞれのタイプとして2回以上選んでもよい(例えば、Tundra1枚を平地および島として2回選んでよい)。そうすることで、自分の土地を巻き込まないよう、被害の量を調節できる。
    • 特に、特定の色をメインカラーとしている多色デッキ相手には獅子奮迅の活躍を見せる。たとえばBadlandsBayouと沼とを選ぶことでマナを全て叩き潰す、と言った芸当も可能。

[編集] 参考

QR Code.gif