一望の鏡/Panoptic Mirror

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Panoptic Mirror / 一望の鏡 (5)
アーティファクト

刻印 ― (X),(T):あなたの手札から、点数で見たマナ・コストがX点であるインスタント・カード1枚かソーサリー・カード1枚を追放してもよい。
あなたのアップキープの開始時に、あなたは一望の鏡に追放されているそのインスタント・カードかソーサリー・カードの1枚をコピーしてもよい。そうした場合、あなたはそのコピーを、そのマナ・コストを支払うことなく唱えてもよい。


等時の王笏/Isochron Scepterの大型版。タイミングは限られるが、いったん刻印してしまえばあとはマナ支払わなくても呪文唱えられる。

刻印されるカードによっては色々と洒落にならない事が起こる。わかりやすい例では、リセット呪文を刻印すれば毎ターン戦場がさっぱりする。また時間のねじれ/Time Warpなどを刻印すると簡単に無限ターンに。Shahrazadなぞを刻印した日には毎ターンサブゲームを行うことができ、自分も相手もげんなりすること間違いなし。

複数のカードを刻印できるのも魅力。ただし割られたときのディスアドバンテージが増える点には注意したい。

強烈な効果を持つカードではあるのだが、親和が巻き起こしたアーティファクト対策に巻き込まれてしまい、構築では見せ場無くスタンダードを去ってしまった。とにかく遅いこと、除去されたときのアドバンテージ喪失が大きいことなど、内包する欠点が環境にことごとく嫌われたと言える。ともあれ効果は強烈なので、リミテッドカジュアルプレイでなら十二分に使える。

[編集] 参考

QR Code.gif