暴君の嘲笑/Tyrant's Scorn

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Tyrant's Scorn / 暴君の嘲笑 (青)(黒)
インスタント

以下から1つを選ぶ。
・マナ総量が3以下のクリーチャー1体を対象とし、それを破壊する。
・クリーチャー1体を対象とし、それをオーナーの手札に戻す。


2つのモードを持つ青黒インスタント再生を許す燻し/Smother送還/Unsummonを選べる。

軽いクリーチャー破壊し、重いクリーチャーはバウンスしてテンポ・アドバンテージを稼げる便利な除去呪文

登場時のスタンダードではエスパー・ヒーローエスパー・コントロールなどで採用されることがある。単純な除去性能では概ね喪心/Cast Downに劣るが、自軍クリーチャーをバウンスできる点や、第1管区の勇士/Hero of Precinct Oneとのシナジーを持つ点では勝る。

レガシーでは軽いクリーチャーはもちろん、グルマグのアンコウ/Gurmag Anglerマリット・レイジ/Marit Lageにも対応でき、意志の力/Force of Willの種になる点も相まって採用される場合もある。

[編集] 開発秘話

このカードは構築向けの除去呪文として作られたものである。のモードは当初弱者成敗/Vanquish the Weakのようにパワーを参照していたが、マナ総量を参照するものに変更された[1]

[編集] ストーリー

灯争大戦注目の第3章の1枚。ニコル・ボーラス/Nicol Bolasギデオン/Gideonを一蹴し、黒き剣/Blackbladeを粉々に破壊する場面を描いている(イラスト)。

「魔法の剣を持った英雄がドラゴンを倒すというわけか?そんなことは起きぬ。」
ニコル・ボーラス

[編集] 脚注

  1. M-Files: War of the Spark – Multicolor/Mファイル『灯争大戦』編・多色(Play Design 2019年5月10日 Dan Musser著)

[編集] 参考

QR Code.gif