影魔道士の浸透者/Shadowmage Infiltrator

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Shadowmage Infiltrator / 影魔道士の浸透者 (1)(青)(黒)
クリーチャー — 人間(Human) ウィザード(Wizard)

畏怖(このクリーチャーは、黒でもアーティファクトでもないクリーチャーによってはブロックされない。)
影魔道士の浸透者がプレイヤーに戦闘ダメージを与えるたび、あなたはカードを1枚引いてもよい。

1/3

知恵の蛇/Ophidian多色になって畏怖を得た。元祖同様に3マナ1/3のサイズを持ち、ダメージ与えつつカード引ける回避能力まで持っている。

当初はゲームぎゃざ「私がオデッセイのトップレアです」と話すイラストが掲載されるほど、はっきりとしたトップレアであった。しかし思ったほどには使われず、逆に当初は評価の低かった獣群の呼び声/Call of the Herdにその座を明け渡すこととなった。

これが使われなかった最も大きな理由として、同じセットに野生の雑種犬/Wild Mongrelサイカトグ/Psychatogという非常に強力、かつ影魔道士の浸透者をブロックできるクリーチャーが存在したことが挙げられる。さらに、カササギ・ブルーのようなデッキタイプそのものが環境の速さやテンポに追いつけなかったことも一因だろう。事実メタゲーム上で有利と言えそうなデッキはあまり見当たらなかった。どちらかと言うと、中心のデッキよりも、青をタッチした黒コントロールなどに使われることが多かったようだ(→ノワール)。

また時のらせんタイムシフト再録された際はオデッセイ当時のような強力なライバルが少ないため、格段に評価が上がっている。実際時のらせんブロック構築では青黒系コントロールで多用、スタンダードでもグッドスタッフ系のデッキで採用された。

[編集] インビテーショナルカード

このカードはJon Finkelのデザインしたインビテーショナルカードである。そのため、愛称やこのカードを主軸としたデッキ(フィンキュラフィンケルゴー)の呼称に「フィンケル」の名前が使われている。

元デザインは以下のような感じ。


非公式/非実在カード

Dark Elfkin (1)(青)(黒)
クリーチャー

Dark Elfkinがいずれかのプレイヤーに戦闘ダメージを与えるたび、あなたはカードを1枚引いてもよい。
(青):Dark Elfkinはターン終了時まで呪文や能力の対象にならない。
(黒):このターン、Dark Elfkinはアーティファクトでも黒でもないクリーチャーによってブロックされない。
多くの学者達と異なり、レクニフの道に従うものは、夜の闇にまぎれて智識を蓄える。

2/3


被覆能力はボツとなっているが、どちらにせよ野生の雑種犬/Wild Mongrelに止められてしまうデザインとなっている。

さらに前はこんなカードを提案したのだが、却下されて上記のようなデザインになった。


非公式/非実在カード

Wrath of Leknif (1)(白)(白)(青)
ソーサリー

全てのクリーチャーを破壊する。それらは再生できない。
あなたは土地を最大4つまでアンタップする。


つまり、フリースペル神の怒り/Wrath of God。本当に通ると思ったのだろうか?いろんな意味でダメである。後にラヴニカへの回帰で同じマナ・コスト全体除去である至高の評決/Supreme Verdictが登場したが、流石にフリースペルではなく打ち消されない呪文になっている。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

オデッセイレア多色カードサイクル。いずれも友好色2色の組み合わせである。

[編集] 参考

QR Code.gif