ドワーフ

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ドワーフ/Dwarfは、クリーチャー・タイプの1つ。屈強かつ器用な小人。


Dwarven Miner / ドワーフ鉱夫 (1)(赤)
クリーチャー — ドワーフ(Dwarf)

(2)(赤),(T):基本でない土地1つを対象とし、それを破壊する。

1/2


Dwarven Soldier / ドワーフ兵士 (1)(赤)
クリーチャー — ドワーフ(Dwarf) 兵士(Soldier)

ドワーフ兵士が1体以上のオーク(Orc)をブロックするか、1体以上のオークによってブロックされた状態になるたび、ドワーフ兵士はターン終了時まで+0/+2の修整を受ける。

2/1


Depala, Pilot Exemplar / 模範操縦士、デパラ (1)(赤)(白)
伝説のクリーチャー — ドワーフ(Dwarf) 操縦士(Pilot)

あなたがコントロールする他のドワーフ(Dwarf)は+1/+1の修整を受ける。
あなたがコントロールする各機体(Vehicle)はそれぞれ、それがクリーチャーであるかぎり+1/+1の修整を受ける。
模範操縦士、デパラがタップ状態になるたび、あなたは(X)を支払ってもよい。そうしたなら、あなたのライブラリーの一番上からカードをX枚公開し、その中からすべてのドワーフ・カードと機体カードをあなたの手札に加え、その後残りをあなたのライブラリーの一番下に無作為の順番で置く。

3/3

初出はリミテッド・エディションクリーチャーとしてはゴブリンドラゴンに次いでファンタジーにおける定番種族と言えるが、マジックにおいてはゴブリンとP/Tが競合することもあって彼らほどの出番には恵まれていない。

オデッセイ・ブロックでは、ゴブリンに代わって赤のメイン種族となった。ジャッジメントでは初の赤でないドワーフの汚らわしき者バルソー/Balthor the Defiledも登場した。 だがオンスロート・ブロックではゴブリンに復権されその後表舞台から姿を消した。

クリーチャー・タイプ大再編Irini Sengirがドワーフに加わったが、同時に人間へ変更されたHunding GjornersenReveka, Wizard Savantは設定上はドワーフであった。この後、2008年1月のオラクル改訂によりReveka, Wizard Savantは人間からドワーフに変更された。

イーブンタイドにおいてはデュルガー/Duergarとして新規カードが久々に登場した。赤および赤白混成カードとなっている。

カラデシュ・ブロックではの主要種族として登場。几帳面で既に信頼されている道具や方式を重んじ、建造の物理的過程に趣きを見出す職人と設定されている。

サイズは小さいが何らかの能力を持つものが多く、その分コストも高めであまり使い捨てにはされない。オークと敵対している種族とされ、その設定が生きているカードも散見される。

ロードとして模範操縦士、デパラ/Depala, Pilot Exemplarが存在する。

伝説のドワーフは霊気紛争までで6種類存在する(「伝説の(Legendary)・ドワーフ(Dwarf)」でWHISPER検索)。

[編集] ストーリー

エルフと同じく『指輪物語』を始めとしたファンタジーおなじみの種族で、『白雪姫』の7人の小人もドワーフである。

  • 『指輪物語』のドワーフの性別は見分けづらいという設定があるが(女性のドワーフにもひげが生えるとされる)、マジックにおいては見分けることができる。

[編集] 参考

QR Code.gif