旗印/Coat of Arms

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Coat of Arms / 旗印 (5)
アーティファクト

各クリーチャーは、それと共通のクリーチャー・タイプを少なくとも1つ持つ、戦場に出ている他のクリーチャー1体につき+1/+1の修整を受ける。(例えば、2つのゴブリン(Goblin)・戦士(Warrior)と1つのゴブリン・シャーマン(Shaman)が戦場に出ている場合、それらはそれぞれ+2/+2の修整を受ける。)


クリーチャー・タイプを参照してパワータフネスを上げるアーティファクト。例えば、1/1のエルフが4体いれば、全部が+3/+3の修整を受け4/4になる。

当然、1つのクリーチャー・タイプばかりを集めた部族デッキとの相性が良い。また、苗木対立苗木トークンが大量に並ぶので有効。ただし対戦相手も恩恵を受けてしまうので、お互い部族デッキだと、出した側が損をした気分になる分使いづらい。そのため、さながら踏み荒らし/Overrunのように、戦場に出しターンゲームを決めるエンドカードのように使われることもしばしば。

[編集] 参考

QR Code.gif