明日の瞥見/Glimpse of Tomorrow

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Glimpse of Tomorrow / 明日の瞥見
〔赤〕 ソーサリー

待機3 ― (赤)(赤)
あなたがオーナーであるすべてのパーマネントをライブラリーに加えて切り直し、その後、あなたのライブラリーの一番上からその数に等しい枚数のカードを公開する。これにより公開されてオーラ(Aura)でないすべてのパーマネント・カードを戦場に出し、その後、オーラ・カードについても同様に行い、その後、残りをあなたのライブラリーの一番下に無作為の順番で置く。


マナ・コストを持たない待機呪文は自分限定の歪んだ世界/Warp World

待機で3ターン掛かるものの、元々がトリプルシンボル8マナだったので唱えられるスピードはそう変わらない。あるいはマナ加速に当てていたデッキスロット続唱呪文にして踏み倒しを狙ってもよいだろう。プレインズウォーカーに対応したことでコンボのバリエーションも増加し、サイクルの中では元になったカードより強化されているとも言える。

効果が自分だけになったことを利用し、兵員の混乱/Confusion in the Ranks強欲のトーテム像/Avarice Totemなどコントロール交換カードを使うことで一方的にボード・アドバンテージを得ることも可能。

モダンホライゾン2リミテッド環境トークン生成カードが潤沢なのでボード・アドバンテージ増強は期待できるが、やはり博打性が大きい。待機明けで唱える際、土地などのマナ基盤フルタップしてマナを出し切っておくとよいだろう。アップキープなので使い道があるカードが出てくるかはわからないが。

[編集] ルール

  • 解決の手順は以下の通り。
    1. 自分がオーナーであるパーマネントが幾つか数える。
    2. 自分がオーナーであるパーマネントをすべてライブラリーに切り混ぜる。
    3. 1.で数えた数だけライブラリーからカードを公開する。
    4. 公開された中のオーラでないパーマネント・カードを戦場に出す。
    5. 公開された中のオーラ・カードを戦場に出す。オーラは4.で戦場に出たパーマネントにつけることができる。
    6. 公開して戦場に出さなかったカード(インスタントソーサリー、つける先が無かったオーラなど)をライブラリーの一番下に無作為の順番で置く。
  • 明日の瞥見によりパーマネントが戦場を離れる事で誘発する能力と、パーマネントが戦場に出たことによる能力は、明日の瞥見の解決後にまとめてAPNAP順能力コントローラースタックに置く。切り混ぜられるパーマネントの能力を忘れないよう注意。
  • トークンのオーナーはそれを自分のコントロール下で戦場に出したプレイヤーである。それらもパーマネントとして数えられる。ルール上はトークンもライブラリーに切り混ぜられることになるが、カードでは無いので公開する数に入ることもなく明日の瞥見の解決後の状況起因処理で消滅するので、律儀にライブラリーに切り混ぜる必要は無い。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

モダンホライゾン2マナ・コストを持たない待機カードサイクル単色ソーサリー5枚と無色アーティファクト1枚から成る。いずれも過去のカードのリメイク稀少度レア

[編集] 参考

QR Code.gif