事故

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

事故とは、運の要素が絡む事案において、悪い結果が出てしまうことの総称。

マジックにおいては以下のような例が挙げられる。

  1. カード引きが悪く、思うようなゲーム展開ができないこと。「回りが悪い」とも言う。
  2. 上記の変形で、こちらの引きはさほど悪くないのだが、それ以上に対戦相手の引きが良すぎて一方的な展開になること(いわゆるブン回り)。
  3. 無作為になにか行うカードを用いて、悪い結果ばかり出ること。
  4. トーナメントにおいて、極端に相性が悪いデッキやまったく想定外のデッキと当たること(いわゆる地雷)。
  5. リミテッドにおいて、貧弱なカードプールを引き当ててしまうこと(対戦相手に比べて相対的に弱い場合も含む)。

特にもっとも広く使われる用法は1であり、状況に応じて用語が区別されている。

上記に挙げたどの用法にせよ、いくら気をつけていても起きるときは起きてしまうし、起こってしまったらいくらあがいてもどうにもならないことが多い。まさに不幸な事故としか言いようがない。

とはいえ、絶対にどうにもならないというわけではなく、完全には避けられないにしろ起きる確率を下げたり起きたときの被害を少なくしたりする工夫はできるし、起きた場合にもプレイング次第で乗り切れるケースも珍しくはない。敗因を事故のせいばかりにせず、どうすれば防げたか、どうすれば乗り切れたかを考えるのも重要である。

[編集] 参考

QR Code.gif