すき込み/Plow Under

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Plow Under / すき込み (3)(緑)(緑)
ソーサリー

土地2つを対象とする。それらを、オーナーのライブラリーの一番上に置く。


2倍休耕地/Fallow Earth対戦相手マナ基盤拘束しつつドローを阻害する。カード・アドバンテージも取れてお得。

土地破壊として見ると、「引きなおせるなら意味がない」「5マナすぎ」と思われるかも知れないが、実際にはタイム・デストラクションとしての意味合いの方が大きい。土地を排除した上にドローも2枚分止めるため、展開力に与える影響が大きい。の得意とするマナ加速を活かして早い段階から唱えられると、後々取り返しがつかないほどの差をつけられてしまう。中盤以降に続けて撃っても強力であり、何らかの手段で毎ターン使い回せばロックが完成してしまう。また、ターボランドデッキに対しては単純な土地破壊よりも深刻な被害を与えられる。

ウルザズ・デスティニーの他のカードが強すぎた事もあって、初出当時はカスレア扱いだった。その頃は高速デッキが幅を利かせていた事もあり、このカードが真価を発揮する土壌ではなかったと言える。後にパララクス補充メタる過程で「土地を戻す強さ」が認識され、トリニティで活躍して一気に花開くこととなった。

第8版再録時のスタンダードでは、創造の標など緑系中速デッキの隆盛を支えた立役者のひとつであり、コントロールデッキへの耐性を飛躍的に高めた実績がある。とりわけエターナルスライドでは、霊体の地滑り/Astral Slide永遠の証人/Eternal Witnessでこれを使い回すロックコンボがフィニッシュ手段の1つである。当時の環境ではランプ系のウルザトロンが猛威を振るっており、なおかつこれらの緑デッキ同士のミラーマッチにも効果的であったことが活躍の要因である。

[編集] 類似カード

[編集] 参考

QR Code.gif