世界選手権

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

世界選手権(World Championship / Worlds)は、1年に1度開かれる公式トーナメントの最高峰。2012年プレイヤー選手権と称された。

目次

[編集] 概要

「個人戦で最強のプレイヤーは誰か?」を決める趣旨で行われ、世界でたった24人しか招待されない、極めて出場難度の高いイベント。代わりに参加者には往復の交通手段・参加期間中の宿泊施設と食事・イベントで使用するサプライ品などさまざまな物が提供され、最高峰の大会に相応しい待遇を受けることができる。

出場難易度の高さに加え、使用されるフォーマットの難度も最高レベル。2012年は練習が極めて難しいキューブドラフトが導入され、2013年-2015年はカードプールの違うドラフト2種+スタンダード+モダン構築という複合イベントとなり、マジックすべてにおける幅広い知識が試される。

[編集] 招待される条件(2017年)

  • 前シーズンにおける各プロツアーの優勝者
  • 前回Magic Online Championship優勝者(2017年まで)
  • 前シーズンにおける各地域のプロ・ポイントによるランキング上位から選出(※1)
  • 前シーズンにおける、プロツアーの構築部門から獲得したマッチポイントの1位(「スタンダード・マスター」、2016年新設当時に「構築マスター」と称された)
  • 前シーズンにおける、プロツアーのリミテッド部門から獲得したマッチポイントの1位(「ドラフト・マスター」2016年新設枠)
  • 上記に該当しないプレイヤーの中で、前シーズンにおけるプロ・ポイント全世界ランキング上位から選出(※2)

※1.
2012年-2013年以前:北米、ヨーロッパ、日本、中南米、アジア太平洋の1位。
2014年:北米、ヨーロッパ、日本、中南米、アジア太平洋の2位以内。
2015年-16年:北米の4位以内、ヨーロッパ、アジア太平洋(日本含み)の3位以内、中南米の2位以内。
2017年:北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、中南米の1位。
※2.
2012,2013年は招待選手の総数16名になるまで。2014年以降は総数24名に拡張された。(参考

[編集] 廃止された招待枠

※同一シーズンのすべてのグランプリから獲得したポイントを考慮する。 (参考

[編集] 賞金とプロポイント

[編集] (2017年)

順位 賞金 プロポイント 備考
1 100,000USD 現サイクル含み5サイクル間
プロプレイヤーズ・クラブ プラチナレベル固定
2 50,000USD
3-4 25,000USD
5-8 10,000USD
9-16 5,000USD
17-24 2,500USD

[編集] (2016年)

順位 賞金 プロポイント 備考
1 70,000USD 次回Magic Online Championship参加権利
次シーズン終了まで
プロプレイヤーズ・クラブ プラチナレベル昇格
2 40,000USD
3-4 20,000USD
5-8 10,000USD
9-16 5,000USD
17-24 2,500USD

※プロツアー・ポイント:最終順位に関係なく、スイスドローで4勝目から1勝につき1ポイント、Top4によるプレイオフ1勝につき2ポイント獲得。

[編集] (2014年-2015年)

順位 賞金 プロポイント 備考
1 50,000USD 次回世界選手権参加権利
次回Magic Online Championship参加権利
次シーズン終了まで
プロプレイヤーズ・クラブ プラチナレベル昇格
2 20,000USD
3-4 10,000USD
5-8 5,000USD
9-16 3,000USD
17-24 2,000USD

[編集] (2012年-2013年)

順位 賞金 プロポイント 備考
1 40,000USD 次回世界選手権参加権利
次シーズン終了まで
プロプレイヤーズ・クラブ プラチナレベル昇格
2 20,000USD
3-4 10,000USD
5-8 5,000USD
9-16 1,000USD

プロツアー・ポイント:最終順位に関係なく、スイスドロー1勝につき1ポイント、Top4によるプレイオフ1勝につき2ポイント獲得。

[編集] 2011年までの概要

2011年までの世界選手権は、プロツアーの1つである。

基本的に予選ラウンドではスタンダードとその他の構築フォーマットおよびリミテッドブースター・ドラフト)、決勝ラウンドではスタンダードが採用される。

その他の構築フォーマットは、近年ではエクステンデッドが採用されることが多いが、世界選手権07ではレガシーが、世界選手権11ではモダンが採用されている。

以前は、1年交代でブースター・ドラフトとロチェスター・ドラフトブロック構築とエクステンデッドが交互に行われていた。しかし世界選手権06はその例に漏れ、2年連続でブースター・ドラフトとエクステンデッドが行われた。これはロチェスター・ドラフトがプロツアーの採用フォーマットから外されたため、また、世界選手権の開催時期が年末に移行したことで、ブロック構築ではエキスパンションが1つしかなく、採用しづらくなったためである。

2012年のイベント再編により、国別対抗戦がワールド・マジック・カップに独立された。2013年2014年ワールズ・ウィーク/Worlds Weekと称して世界選手権と同時進行で行われた。

2012年以降の世界選手権の成績はプロツアーと同じとして扱われなくなり、プロツアーベスト8の数としてはカウントされなくなった。

[編集] 招待される条件(〜2011年)

※1.プロプレイヤーズ・クラブのレベル3は、プロツアー出場権を使用すると世界選手権が出場できる。
※2.北米、ヨーロッパ、中南米の50位以内。日本、アジア太平洋の25位以内。

[編集] 大会記録と歴代優勝者

優勝者 構築の使用デッキ 開催地 採用フォーマット
1994年 Zak Dolan 宝石箱スタンダード ミルウォーキー 公認構築
1995年 Alexander Blumke 黒き拷問台スタンダード ストックブリッジ シールドスタンダード
1996年 Tom Chanpheng 12Knightsスタンダード シアトル ブースター・ドラフトスタンダードタイプ1.5
1997年 Jakub Slemr 5CBスタンダード シアトル ロチェスター・ドラフトスタンダードエクステンデッド
1998年 Brian Seldan ナイトメア・サバイバルスタンダード シアトル スタンダードブースター・ドラフトテンペスト・ブロック構築
1999年 Kai Budde 赤茶単スタンダード 横浜 スタンダードロチェスター・ドラフトエクステンデッド
2000年 Jon Finkel スーサイドブラウンスタンダード ブリュッセル スタンダードブースター・ドラフトマスクス・ブロック構築
2001年 Tom van de Logt マシーンヘッドスタンダード トロント スタンダードロチェスター・ドラフトエクステンデッド
2002年 Carlos Romao 激動サイカトグスタンダード シドニー スタンダードブースター・ドラフトマスクス・ブロック構築、チーム・ロチェスター・ドラフト(団体戦)
2003年 Daniel Zink ウェイクスタンダード ベルリン スタンダードロチェスター・ドラフトエクステンデッド
2004年 Julien Nuijten エターナルスライドスタンダード サンフランシスコ スタンダードロチェスター・ドラフトミラディン・ブロック構築
2005年 森勝洋 セレズニア対立スタンダード 横浜 スタンダードブースター・ドラフトエクステンデッド
2006年 三原槙仁 ドラゴンストームスタンダード パリ スタンダードブースター・ドラフトエクステンデッド
2007年 Uri Peleg 黒緑ドランスタンダード ニューヨーク スタンダードブースター・ドラフトレガシー
2008年 Antti Malin 青黒フェアリースタンダード メンフィス スタンダードブースター・ドラフトエクステンデッド
2009年 Andre Coimbra ナヤライトセイバースタンダード ローマ スタンダードブースター・ドラフトエクステンデッド
2010年 Guillaume Matignon 青黒コントロールスタンダード 千葉 スタンダードブースター・ドラフトエクステンデッド
2011年 彌永淳也 赤緑ケッシグスタンダード サンフランシスコ スタンダードブースター・ドラフトモダン
2012年 渡辺雄也 ジャンド(モダン) シアトル キューブドラフトブースター・ドラフトモダン
2013年 Shahar Shenhar トリコフラッシュスタンダード)、青白赤モダン アムステルダム ブースター・ドラフト2種(Modern Masters基本セット2014)、スタンダードモダン
2014年 Shahar Shenhar シディシウィップスタンダード)、バーンモダン ニース ブースター・ドラフト2種(Vintage Mastersタルキール覇王譚)、スタンダードモダン
2015年 Seth Manfield アブザン・コントロールスタンダード)、緑白呪禁モダン シアトル ブースター・ドラフト2種(モダンマスターズ2015マジック・オリジン)、スタンダードモダン
2016年 Brian Braun-Duin バント人間カンパニースタンダード)、バント・エルドラージモダン シアトル スタンダードブースター・ドラフトモダン

[編集] 参考

QR Code.gif