ファイレクシアの変形者/Phyrexian Metamorph

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Phyrexian Metamorph / ファイレクシアの変形者 (3)(青/Φ)
アーティファクト クリーチャー — 多相の戦士(Shapeshifter)

((青/Φ)は(青)でも2点のライフでも支払うことができる。)
あなたは「ファイレクシアの変形者は、これが他のタイプに加えてアーティファクトであることを除き、戦場に出ているいずれかのクリーチャーかアーティファクトのコピーとして戦場に出る」ことを選んでもよい。

0/0

戦場に出ているクリーチャーアーティファクトコピーとして戦場に出るアーティファクト・クリーチャー。非アーティファクトのクリーチャーをコピーした場合でも、アーティファクトのカード・タイプが追加される。

若干の違いはあるものの、クローン/Clone彫り込み鋼/Sculpting Steelのどちらの仕事もこなせるため汎用性が高い。色マナファイレクシア・マナなのでデッキカラーを選ばないのも大きな利点。クローンか彫り込み鋼のどちらかを採用しているデッキならば入れ替えることを検討できる。

真っ先に出番がありそうなのはエターナルMUD唱える時点ではアーティファクトかつクリーチャーなので、磁石のゴーレム/Lodestone Golemにもアメジストのとげ/Thorn of Amethystにも影響されない。スタンダードでも色々とデッキを考えさせてくれる面白いカードである。

リミテッドではほぼ確定の初手。あらゆる場面で一番強いカードに化けられるので腐る場面がほとんどなく、ライフ攻めでも感染でも使える。が合わなくても問題ないレベル。

[編集] 参考

QR Code.gif