大笑いの写し身/Cackling Counterpart

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Cackling Counterpart / 大笑いの写し身 (1)(青)(青)
インスタント

あなたがコントロールするクリーチャー1体を対象とし、それのコピーであるトークンを1体生成する。
フラッシュバック(5)(青)(青)(あなたはあなたの墓地にあるこのカードを、そのフラッシュバック・コストで唱えてもよい。その後それを追放する。)


複製の儀式/Rite of Replication瓜二つ/Spitting Imageに連なる、クリーチャーコピートークン戦場に出す呪文フラッシュバックも持つ。ただし、対象に取れるのは自分コントロールするクリーチャーのみ。

多くのクローン/Cloneの亜種の、「優勢でも劣勢でも戦場の一番強いクリーチャーを利用できる」という強みが大きく損なわれている。立ち消えの危険性やバウンスへの弱さも問題。一方でインスタント・タイミングで戦場に出せる、3マナ軽いコストこそ重いがフラッシュバックにより2体分の働きができるなどのメリットもある。

スタンダードでは軽さという点においてこのカードと同等以上で、コピーカード屈指の使い勝手を誇る幻影の像/Phantasmal Imageファイレクシアの変形者/Phyrexian Metamorphの存在が厳しい。純粋なカードパワーでは勝てないので、クリーチャーでないこととフラッシュバックを活かせないか考える方がよいだろう。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

イニストラードの、レアフラッシュバックを持つ呪文サイクル以外はフラッシュバック・コストが(5)(M)(M)で統一されている。

[編集] 参考

QR Code.gif