6面ダイス

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

6面ダイス(six-sided die)とは、正6面体(立方体)で各面に1〜6までの数字が1つずつ記した道具で、日本で言うサイコロのことである。

アングルードの一部のカードで使うように指示されている道具。


Jack-in-the-Mox (0)
アーティファクト

(T):6面ダイスを1個振る。1が出た場合、Jack-in-the-Moxを生け贄に捧げあなたは5点のライフを失う。そうでない場合、Jack-in-the-Moxは以下の効果の1つを持つ。
2 - あなたのマナ・プールに(白)を加える。
3 - あなたのマナ・プールに(青)を加える。
4 - あなたのマナ・プールに(黒)を加える。
5 - あなたのマナ・プールに(赤)を加える。
6 - あなたのマナ・プールに(緑)を加える。


6面ダイスを振った結果がどうなるかは決まっておらず、各カードの指示に従う。

  • 不人気であったため、アンヒンジドでは使わないことになった。
  • 日本で通りがいい「ダイス(dice)」は複数形で、単数形は「die」。「Roll a six-sided die」で、「6面サイコロをひとつ転がす(振る)」という意味となる。
    • 知らない人がこれを読むと「6回まわって死ぬんですか?」と質問してくる。

6面以外のダイスについてはダイスを参照。

[編集] 参考

QR Code.gif