6面ダイス

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

6面ダイス(six-sided die)とは、正6面体(立方体)で各面に1~6までの数字が1つずつ記した道具で、ダイス(サイコロ)の中でも最も一般的なものである。

アングルードUnstableの一部のカードで使うように指示されている。


Jack-in-the-Mox (0)
アーティファクト

(T):6面ダイスを1個振る。この能力は、以下の効果の1つを持つ。
1 - Jack-in-the-Moxを生け贄に捧げ、あなたは5点のライフを失う。
2 - (白)を加える。
3 - (青)を加える。
4 - (黒)を加える。
5 - (赤)を加える。
6 - (緑)を加える。


6面ダイスを振った結果がどうなるかは決まっておらず、各カードの指示に従う。

  • アングルード及びUnstableで用いる6面ダイスは、「1から6のいずれかの出目を、等確率で出すものでなければならない。」と明記されており[1]、例えば6面だからといって次元ダイスなどのような、区別できない面が2面以上含まれている変種サイコロを使用することは認められない。
    • ただし、上記の条件を満たせば、正6面体(立方体)以外のダイス(例えば菱面体ダイス)を使用することや、サイコロ以外の道具(例えばトランプ6枚、正六角形の鉛筆の各面に数字を書いたものなど)を代用すること、あるいは数字以外が記入された変種ダイスの出目を数字に読み替えることは認められる(もっとも手間が増えるようなものは対戦相手に迷惑がかかるので、素直に普通のサイコロを使ったほうがよいだろう)。
  • アングルードで不人気であったため、アンヒンジドでは使わないことになった。
  • Unstable開発の際に、アングルードで不評だった理由について「結果が予測できない」「リソースの浪費や損失をもたらす可能性がある」ものが問題であったと分析した。これを踏まえUnstableでは「効果の内容ではなく大きさに作用する」「最悪でも損失にはならない」という条件で再度使用して反応を見ることになった。[2]
    • のちにUnstableを振り返って「(ダイスは)人気が出た」と語られており[3]、この方針は成功だったと言える。
  • 日本で通りがいい「ダイス(dice)」は複数形で、単数形は「die」。「Roll a six-sided die」で、「6面サイコロをひとつ転がす(振る)」という意味となる。
    • 死亡する」も「die」だが、特に関係はない。しかし日本では勘違いしたプレイヤーもいたようで、ゲームぎゃざで読者から質問が来たこともある。

6面以外のダイスについてはダイスを参照。

[編集] 期待値

6面ダイスを投げた場合の出目の期待値は、通常は(1+2+3+4+5+6)/6=3.5。クラークのもう一本の親指/Krark's Other Thumbコントロールしている状態で大きい方の目を選ぶ場合は4.47。

Unstableのゴブリンの爆発屋/Goblin Explosioneersのカードやゴミの精霊/Garbage Elementalには6面ダイスを2個振って目の差を参照するカードが存在する。その場合の目の差の期待値は1.94。詳しい確率分布は下の表を参照。

出目の差 0 1 2 3 4 5
確率 3/18 5/18 4/18 3/18 2/18 1/18

クラークのもう一本の親指をコントロールしている状態で、出目の差が最大になるように選ぶ場合は3.32。

[編集] 参考

  1. 『Unstable』 よくある質問とそうでもない質問とめったにないだろうけど一応答えておく質問集
  2. 終わりなき銀枠物語 その3
  3. デザイン演説2018
QR Code.gif