イクサランの束縛/Ixalan's Binding

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Ixalan's Binding / イクサランの束縛 (3)(白)
エンチャント

イクサランの束縛が戦場に出たとき、対戦相手がコントロールしていて土地でないパーマネント1つを対象とする。イクサランの束縛が戦場を離れるまでそれを追放する。
対戦相手は、その追放されたカードと同じ名前を持つ呪文を唱えられない。


払拭の光/Banishing Lightの亜種。1マナ重くなった代わりに、追放したカードと同名の呪文唱えることを禁止する能力が付いた。

未評価カードです
このカード「イクサランの束縛/Ixalan's Binding」はまだカード個別の評価が行われていません。評価の執筆をして下さる方を求めています。
  • 評価を追加する前に、必ずMTG Wiki:利用者への呼びかけを熟読してください。
  • 「酷評のみ」、または「極端に短い文章だけ」や「見たままを書いただけ」の評価は禁止されています。
  • 各種用語(「クリーチャー」「除去」など(詳しくは用語集を参照))には[[]]でリンクを張ってください。自動では付きません。同じ語は貼らなくてもかまいません。
  • 評価を追加した後は、このテンプレートは削除しておいてください。

[編集] ルール

[編集] ストーリー

イクサラン注目のストーリーの1枚目。

ニコル・ボーラス/Nicol Bolasとの戦いで精神を攻撃され、反射的にプレインズウォークで逃走したジェイス・ベレレン/Jace Belerenイクサラン/Ixalanの無人島で目覚めた。記憶喪失のジェイスが無意識のうちにプレインズウォークしようとしたところ、何らかの力で元の場所に引き戻されてしまう。息を切らす彼の頭上には、円と三角形のシンボルが輝いていた(イラスト[1]

  • 日本語版のフレイバー・テキスト誤訳の可能性がある。lostには「途方に暮れた、放心した」の意味もあるが、ここでは「道に迷った、行方不明の」の意味だと思われる。certainty(確信、確実であること)も考慮して訳すと、「ジェイスが意識を取り戻したとき、確かなのは自分がどこにいるのか分からないということだけだった。」といったところ。
Jace awoke to the certainty that he was lost.
意識を取り戻したとき、ジェイスはただ途方に暮れるだけだった。

[編集] 脚注

  1. Jace, Alone/孤独のジェイス(Magic Story 2017年9月6日 R&D Narrative Team著)

[編集] 参考

QR Code.gif