戦闘前メイン・フェイズ

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

戦闘前メイン・フェイズ/Precombat Main Phaseは、ターンの一番最初のメイン・フェイズのこと。第1メイン・フェイズとも呼ばれる。

[編集] 解説

戦闘前メイン・フェイズ開始時に、アクティブ・プレイヤーは自分がコントロールしている各英雄譚エンチャントの上にそれぞれ伝承カウンターを1個置く。この行動はターン起因処理であり、スタックを使用しない。

以降はメイン・フェイズを参照。

  • そのターンの戦闘フェイズを飛ばしたり、何らかの効果で追加の戦闘フェイズと追加のメイン・フェイズを得たりしても、2回目以降に行うメイン・フェイズは戦闘前メイン・フェイズではなく戦闘後メイン・フェイズである。
  • 各ターンの最初に一度だけ誘発する誘発型能力誘発条件は「アップキープの開始時に」や「ドロー・ステップの開始時に」というものが一般的で、「戦闘前メイン・フェイズの開始時に」という誘発条件はかなり少数派。主にマナを生み出す誘発型能力で使われる(マナを使って自由に呪文プレイできるのはメイン・フェイズだけであるため)。
  • 「戦闘前メイン・フェイズ」という語がオラクルに登場するカードで最も古いものが風食礫の壷/Ventifact Bottleであるが、発売当初はメイン・フェイズがターンに1つしかなく、誘発するのは単純に「メイン・フェイズの開始時」だった。第6版発売時のルール改正で戦闘フェイズが独立するようになった時、同時に現在のようにルール文章が変更され(当時は「第1メイン・フェイズ」と呼ばれていた)、ターンに2度あるメイン・フェイズの両方の開始時に誘発するような事はなかった。

[編集] 参考

QR Code.gif