群れネズミ/Pack Rat

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Pack Rat / 群れネズミ (1)(黒)
クリーチャー — ネズミ(Rat)

群れネズミのパワーとタフネスはそれぞれ、あなたがコントロールするネズミ(Rat)の数に等しい。
(2)(黒),カードを1枚捨てる:群れネズミのコピーであるトークンを1体生成する。

*/*

これまでも何度か登場してきた、ネズミの数を参照してサイズが変わるネズミのバリエーション。マナ手札コストとして、自身のコピートークンを生み出せる。

能力は、余った土地などの無駄カードをクリーチャーに変換できる。トークンも本体と同じトークン生成能力を持つため、実質的な単体除去への除去耐性と見ることもできる。タップ能力でもないことから、能力ぶんのマナを浮かせて唱えれば隙はない。回避能力こそないが、頭数を増やせば自然にサイズも強化されるため、大量のコピーで強引に地上を突破することも十分可能。

ただしカード・アドバンテージを得ているわけではない。調子に乗って展開しすぎたところを全体除去拘留の宝球/Detention Sphereで一網打尽にされないように注意。

スタンダードでは、イニストラード・ブロックラヴニカへの回帰ブロック期にはほとんど使われていなかったが、テーロス参入後に黒単信心で採用されたことで注目が集まる。コピー・トークンも本体と同じマナ・コストを持つため、余った土地などで信心を稼ぐのに役立つ。性能の高さとシングルシンボル2マナという使いやすさから、次第に黒単信心だけに留まらず、ビートダウンコントロール問わずが絡む多くのデッキで採用されるようになった。これを展開し、数を増やしてそのまま相手を圧殺する様相は「ネズミゲー」と呼ばれるほど。特に基本セット2014再録された変わり谷/Mutavaultとのシナジーが強力で、併せて使われることが多い。

[編集] リミテッド

元はリミテッドでの強力無比なカードパワーで知られていた。1枚で勝ててしまうようなレアは数あれど、ここまで軽いものはかなり珍しい。

一度これが現れると、わずか数ターンで巨大なネズミの群れが戦場を埋め尽くしてしまう。当然即座に除去したいところだが、1体でも戦場に残すと再び増え始める上、最速3ターン目に2体目と初動が非常に早いなど、対処の難しさがその強さに拍車をかける。

これ1枚で負けてしまいかねないので、ドラフトではが合わなくてもカットする価値がある。またシングルシンボルであり、能力を1ターンに複数回起動できずとも十分強いことから、タッチして採用してしまうのもよい。特にセレズニアカラーデッキでは居住を行うものなど相性の良いカードが多い。

[編集] 参考

QR Code.gif