記憶の欠落/Memory Lapse

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Memory Lapse / 記憶の欠落 (1)(青)
インスタント

呪文1つを対象とし、それを打ち消す。その呪文がこれにより打ち消された場合、それをそのプレイヤーの墓地に置く代わりに、オーナーのライブラリーの一番上に置く。


ホームランド初出の有力カードの1つ。

打ち消しても、すぐにそのカードを引かれてしまうので弱いと感じる人もいるだろう。しかし、エンドカードをめぐるカウンター合戦であるとか、フラッシュバックコピーされた呪文に対して使えば、色拘束の緩い対抗呪文/Counterspellになりうる。そうでなくとも、対戦相手ドローを1ターン遅らせるタイム・デストラクションにはなる。1ターンを争う場面では馬鹿にできない活躍をし、パンデモノートからサイカトグまで幅広く使われる。エターナル、特にヴィンテージではMoxが存在する為、その点を有効活用し、等時の王笏/Isochron Scepterを使用したパーミッションなどで使用されている。

冬の宝珠/Winter Orb停滞/Stasis等のロックデッキに入れても相性がよい。

おお、良心なら持っていたとも。だが、残念。どこかに置き忘れてしまったらしい。
チャンドラー

[編集] 参考

QR Code.gif