提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

/Frameとは、

  1. まわりを取り囲むもの。
  2. 何かを入れるための場所。スロット/Slotとも。

マジック:ザ・ギャザリングにおいて、「枠」はいくつもの意味を持つ。

目次

[編集] カード外周の縁取りの色

マジックのカードの外枠は、Amonkhet Invocationsなどの例外を除き、以下のものがある。公式フォーマットでは、黒枠と白枠のみ使用できる。

[編集] カード内の見た目

カード内のレイアウトについてスカージ以前のものを旧枠第8版以降のものを新枠と呼ぶ。

[編集] ボックス

カード内でカードの部分を囲むボックスも「枠」と呼ばれる場合がある。以下、新枠の一般的な(常磐木落葉樹の)カードについて解説したあと、例外についても触れる。ボックスに囲われていないもののレイアウトについてはカードも参照。

カード名のボックス
カード名、マナ・コストを囲う。ドミナリア以降の、プレインズウォーカーを除く伝説のカードでは、王冠のような装飾で囲われている。
のボックス
絵を囲う。
タイプ行のボックス
色指標、タイプ行、エキスパンション・シンボルを囲う。
文章欄
総合ルールにおいて「文章欄/text box」と表記される。該当記事を参照。
P/T
総合ルールにおいて「パワー/タフネス/power/toughness box」と表記される。

[編集] カードの背景やボックスの色

単色カード)、多色カード)、アーティファクト土地の8つに大別されるが、例外もある。

2色のカード
2色のものは、P/T以外のボックスの縁取りの色、および文章欄の背景色が、それぞれグラデーションになっている。
2色の混成カード
上記に加え、カードの背景もグラデーションになっている。
その他
ヴェールの呪いのガラク/Garruk, the Veil-Cursedなど、慣例と異なるカードもある。
有色アーティファクト
カードの背景はアーティファクトのものが使われ、それ以外はそのカードの色に基づく。
アーティファクトでない無色のカード(エルドラージなど)
カードの背景がなく、カード名のボックス、タイプ行のボックス、文章欄が半透明になっている。

[編集] 特殊なカード枠を使用するメカニズム

[編集] その他

以下のカードは、特殊な見た目の枠デザインで印刷されている。

[編集] スロット

上述した意味から転じて、何かを入れる場所(スロット)のことを「枠」と呼ぶ場合もある。

トレーディングカードゲームにおいては基本的に「カードのスロット」を指す。

カード・セット内に収録されるカード枚数やデッキに入れられるカード枚数には現実的に限りがあるため、「神話レア枠」「除去枠」「貴重なサイドボード枠を割く」などといった使い方をされる。「サイクルの枠は弱いことが多い」などという俗説も。

他にも、背景世界に関して「今回のゴブリン枠」などと言う場合もある。

[編集] 参考

QR Code.gif