頭でっかち

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

頭でっかちとは、パワータフネスに比べて高いこと。またそのようなクリーチャー。「前のめり」とも言われる。


Viashino Warrior / ヴィーアシーノの戦士 (3)(赤)
クリーチャー — ヴィーアシーノ(Viashino) 戦士(Warrior)

4/2


Ball Lightning / ボール・ライトニング (赤)(赤)(赤)
クリーチャー — エレメンタル(Elemental)

トランプル(攻撃しているこのクリーチャーは余剰の戦闘ダメージを防御プレイヤーかプレインズウォーカーに与えることができる。)
速攻(このクリーチャーは、あなたのコントロール下になってすぐに攻撃したり(T)したりできる。)
終了ステップの開始時に、ボール・ライトニングを生け贄に捧げる。

6/1

明確な基準は無いが、パワーが3以上でタフネスの2倍以上ならこう呼んでよいと思われる。攻撃的なに多い。

一方、タフネスがパワーに比べて高いクリーチャーは、英語圏では古石の神/Kami of Old Stoneを"big butt"(尻でっかち)、勇士の決意/Hero's Resolveを"fat pants"(デカパン)と表現するように、尻の大きさで表現されることがある。真木孝一郎氏は「あんこ型」と称して、公式ハンドブックなどで時折この表現を見かける。

  • 日常で使う「頭でっかち」と意味合いがだいぶ違うので、誤解なきよう。日常で頭でっかちというと、「知識はあるが実践の伴わない頭脳派」を揶揄するようなニュアンスがある。マジックでは「攻撃しか考えていない無謀な過激派」という感じなので、完全に逆方向である。
  • 初期状態での「パワー引くタフネス」の値が最も大きいのは、8/0の野蛮の怒り/Force of Savageryと、10/2の新星追い/Nova Chaser。パワーをタフネスで割った値が大きいのは、タフネスが1以上のクリーチャーに限定すれば7/1の焦熱の火猫/Blistering Firecat

[編集] 参考

QR Code.gif