+X/+Yカウンター

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

+X/+Yカウンタークリーチャーの上に置かれている場合、そのクリーチャーのパワーXタフネスにYを加える。XやYに入る値には制限はなく、負の数が入る場合もある(詳しくは#現在までに登場した+X/+Yカウンターを参照)。


Battlegrowth / 戦闘の成長 (緑)
インスタント

クリーチャー1体を対象とする。その上に+1/+1カウンターを1個置く。



Scar / 傷跡 (黒/赤)
インスタント

クリーチャー1体を対象とする。それの上に-1/-1カウンターを1個置く。


使う時に混乱が起きないようにという配慮から、一時期+1/+1以外の+X/+Yカウンターを用いるカードはほとんど作られなかった。その後、+1/+1カウンターと-1/-1カウンターを相殺するというルール(詳しくは下記参照)ができ、現在は-1/-1カウンターも見られる。

  • クリーチャー以外のパーマネントが+X/+Yカウンターを持つこともありえるが、その場合は単に意味がないだけであり、取り除かれたりはしない。そういうメカニズムのカードも存在する(→ラノワールの再生地/Llanowar Reborn怒り狂う山峡/Raging Ravine大地の武装/Earthen Arms)。
  • カウンターによるパワーやタフネスの変更は、種類別の第7d種に分類されている。詳細は種類別を参照。
  • +1/+1カウンターと-1/-1カウンターが同じパーマネントの上に乗っていたら、それらのうち少ない方と同じ個数だけ双方が取り除かれる。これは状況起因処理である。
    • 例えば、+1/+1カウンターが2個、-1/-1カウンターが3個乗っていたら、両方が2個ずつ取り除かれて-1/-1カウンター1個だけが残る。
    • このルールはこれら以外のカウンター(+1/+0カウンター-1/-0カウンターなど)には適用されない。
  • 相殺ルールの成立以後も、混乱を避けるため1つのブロックでは+1/+1カウンターと-1/-1カウンターの片方だけを用いる開発方針が定められている。

[編集] 現在までに登場した+X/+Yカウンター

[編集] 参考

QR Code.gif