レガシー

提供:MTG Wiki

2018年7月11日 (水) 00:52時点における1.36.196.43 (トーク) - whois による版
(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内, 検索

レガシー/Legacyとは、公認フォーマットの1つ。エターナル環境の1つとして分類されている。2004年9月19日までのタイプ1.5を事実上廃止し、2004年9月20日に開始された。

目次

[編集] 解説

今まで発売されたほぼ全てのカードを使用できる「エターナル」環境の中で、主としてプレイされているフォーマット

ヴィンテージとは異なり制限カードは存在せず、禁止カードのみ存在する。禁止カードはタイプ1の制限カードリストに従っていたタイプ1.5と異なり、独自に制定されている。「ヴィンテージでは制限でもレガシーでは4枚使える」場合もあれば、「レガシーでは禁止だがヴィンテージでは4枚使える」場合もあるため、使用可能なセットの範囲が同じであるという点以外は、まったく別のフォーマットと言ってよい。

後述の通り、競技人口の問題などにより競技向けの大会のフォーマットとして採用し辛く、大会への参加は草の根トーナメント等が中心になる。2005年には初のレガシーグランプリであるグランプリフィラデルフィア05が開催され、2015年には日本(及びアジア太平洋地域)で初のレガシーグランプリであるグランプリ京都15が開催されるなど定期的に行われているものの、プロツアーでの採用は世界選手権07、(チーム戦として)マジック25周年記念プロツアーにおいて2度採用されたのみである。(参考

[編集] 傾向

禁止されている一部のカードを除き過去全てのカードが使える関係から非常に強力なデッキが多く、序盤から高速な試合展開になりがちである。

もっとも瞬殺コンボデッキばかりというわけではなく、環境を破壊しそうな凶悪カードは軒並み禁止カードにされていることもあり、「尖った」環境という認識は誤りである。それよりも近年のクリーチャーカードの質の向上を背景に、それらを軸に据えたクロック・パーミッションが強い傾向にある。もちろんその他にも、純粋なビートダウンコントロール、中速コンボなどデッキの種類自体は非常に多様である。また特定のデッキに対して強烈に利くカードを簡単にチョイス出来るため「最強デッキ」が長らくトップメタに居座りづらく、メタゲームは非常に混沌としている。

上述の理由から意志の力/Force of Willによるアンチコンボ性能と渦まく知識/Brainstorm(とフェッチランド)による安定性とを両立できるが半ば環境を定義しており、トーナメント志向のデッキで青が使われていないデッキは非常に稀である。一方で、フェアデッキであっても不毛の大地/Wastelandもみ消し/Stifleを用いた土地ハメと呼ばれる戦術が備わっているなどレガシーならではの戦略が数多く存在するため、勝ち抜くためには相応の研鑽が要求される。よほど絶望的でない限り、相性差は構築や技術によってひっくり返す事もできるのがこのフォーマットの魅力ともいえる。

サイドイベント感覚で、スタンダードモダンエクステンデッドのデッキをそのまま持ち込んで戦うプレイヤーも存在する。カードプールがほぼ完全に下位互換の関係にあるため勝てないと思われがちであるが、そうしたデッキは往々にして完全にメタ外であるためあっさり勝ってしまうこともままある(例:日本レガシー選手権09藤田剛史デッキ紹介動画))。

古いカードを使えるため古参のプレイヤーからの人気は高いが、反面新規参入のハードルが高く、かつては日本では競技人口が少な目のフォーマットであった。しかし近年のカードパワーの上昇に伴って比較的新しいカードを中心としたデッキも組めるようになってきたこと、グランプリ京都15以来グランプリが定期的に開催されていること、そしてそれに伴い草の根大会の開催も増えてきたこと等により、都市圏を中心に競技人口は増加傾向にある。

新規参入する場合、多色デッキ土地カード(デュアルランドフェッチランド)などの高額カードを集めようとすると十分な資金が必要になるが、バーン白ウィニーなどの初期投資が安くてすむ単色デッキでも十分に戦えるデッキを作ることは可能であり、逆にデュアルランド・フェッチランドなどに頼るデッキをメタるような構成にすることもできる。またローテーションが存在しないため、初期投資にコストがかかっても同じカードで長く遊べるという点も魅力の1つである。

膨大な数のカードプールを背景としており新セット発売による影響が相対的にわずかなものとなること、及び競技人口が少なく競技レベルの大会の数が少ないこと等から、メタゲームの回転は非常に緩やかである。一方で、それらのカード群が待ち望んでいた最後のピースとでも言うべきカードが登場することでデッキが成立しメタゲームを大きく揺るがすこともある(例:ゲートウォッチの誓い参入によるエルドラージデッキの成立など)。また歴史あるフォーマットではあるものの、プレミアイベントの数が多くないことからプロプレイヤーによる環境解明もそれほど進んでいないため、既存のカードの組み合わせでありながら突如新デッキが成立することも。

  • 近年、エターナルマスターズなどの特殊セットやMasterpiece Seriesなど特殊な封入形式で再録されたカードが多い為、再録禁止カードを除いて、比較的現実的な難易度でレガシー環境で活躍をしたカードを入手することが可能となっている。
  • スタンダードやモダンでは特に注目されていなかったカードが日の目を見たりする。また、それらのフォーマットで禁止されたカードを用いたデッキがレガシー用にチューンされることで再成立することもある。
  • 青単コントロールウィニーなど、様々なブロックに渡って存在するような基本的なアーキタイプも多くみかけられ、見方によってはマジックのオールスター戦を楽しめるようなフォーマットとも言える。

[編集] 使用可能カードセット

2017年4月24日現在、原則として以下のカードが使用可能である。

銀枠金枠)のカードと、チャレンジ・デッキなど裏面のデザインも通常とは異なるカード(両面カード合体カード除く)は、エターナルで使用することができない。

  • ポータル系列のカードは、最初期のエターナル環境では使用できなかったが、2005年10月20日から使用可能になった。

[編集] 禁止カード

上記のカードの他、アンティに関するカード (→アンティ#アンティに関係したカード)と策略カード (→策略#策略カード一覧)は、禁止カードに指定されている。

[編集] 主なデッキ・その他

[編集] 参考

QR Code.gif