隠遁ドルイド/Hermit Druid

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Hermit Druid / 隠遁ドルイド (1)(緑)
クリーチャー — 人間(Human) ドルイド(Druid)

(緑),(T):あなたのライブラリーを、基本土地カードが公開されるまで上から1枚ずつ公開する。そのカードをあなたの手札に加え、これにより公開された他のすべてのカードをあなたの墓地に置く。

1/1

基本土地が出るまでライブラリーを掘り進め、その基本土地を手札に加える起動型能力を持つドルイド

繰り返し使えてアドバンテージが取れ、いらないカード墓地へ行ってくれるので森の知恵/Sylvan Libraryのようなライブラリー操作とも相性がよい良クリーチャー

また、大量のカード墓地に送る手段として使用されることも多い。生ける屍/Living Death釣り上げる、能動的にゴブリンの太守スクイー/Squee, Goblin Nabobを墓地に落とすなどギミックは多彩。特に極端なのが基本土地を1枚も入れずにおき、ライブラリーを全て墓地に落とす方法。そこから縫合グール/Sutured Ghoul釣り上げてシュートする瞬殺コンボデッキエクステンデッドに登場した(→アングリーハーミット2)。そのコンボ達成確率の高さや、他の悪用への防止のため各種フォーマット禁止カードに指定されることになる。

2004年1月1日より、エクステンデッド禁止カードに指定される。2004年9月20日より、タイプ1.5からの移行に伴ってレガシーでも禁止カードに指定された。ヴィンテージでは除去されやすいクリーチャーということもあって制限はなされていない。

  • 同時に墓地に移動する複数枚のカードの順番は、オーナーが自由に決められる(CR:404.3)。

[編集] 代表的なデッキ

[編集] 参考

QR Code.gif