大地の知識/Earthcraft

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Earthcraft / 大地の知識 (1)(緑)
エンチャント

あなたがコントロールするアンタップ状態のクリーチャーを1体タップする:基本土地1つを対象とし、それをアンタップする。


マナ加速エンチャント。自軍全体を草原のドルイド僧/Ley Druidのような擬似マナ・クリーチャーとして利用できる。タップ・アウトレットであるために召喚酔い状態のクリーチャーでも起動コストにできるのも強み。

だが、実際にはデザイナーの意図に反し、簡単に無限コンボを形成できるコンボパーツの1つとなってしまった。「土地1枚で(アンタップ状態の)クリーチャーを1体確保できる状況」をトークン生成手段や繁茂/Wild Growthなどを絡めて作り出すと、簡単に無限ループ無限マナ無限トークン)が成立してしまうのだ。このコンセプトを主軸としたデッキは俗にクラフトと呼ばれ、以降様々なタイプが考案された。

これを使用したクラフト系デッキとしてはメサクラフトが有名。他にカニクラフトゴブリンクラフトなどのデッキが作られ、猛威を振るった。またエターナルではリスの巣/Squirrel Nestとの2枚コンボリスクラフトが単色で組めるというメリットもあり、主流となっていった。

スタンダードでは1999年4月1日より禁止カードに指定される。タイプ1(現ヴィンテージ)では2003年4月1日に制限カードに指定されていたが、2004年9月20日に制限解除される。タイプ1.5では2003年4月1日より禁止カードに指定され、2004年9月20日に移行したレガシーでも続けて禁止になっている。

  • タイプ1で制限されていた理由は、タイプ1で問題があったというよりはタイプ1.5で禁止カードに指定するため[1]であり、ヴィンテージとレガシーで制限・禁止リストを分離したことにより制限する理由がなくなった。
  • 後の謎の石の儀式/Cryptolith Riteがシンプルにしたリメイク版と言えるか。

[編集] 参考

  1. SEPTEMBER B&R LIST UPDATE
QR Code.gif