プロツアー

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

プロツアー/Pro Tourは、マジックプレミアイベントの種別。

目次

[編集] 概要

1年に数回行われるマジック界最高峰の大会。略して「PT」とも表記される。厳しい条件をクリアし参加権を得たプレイヤーのみが参加できる招待制の世界大会であり、RELは全日程で最高の「プロ(旧5)」である。試合の模様は全日程でLive配信され後日公式のYoutubeページにもまとめられる。

各大会には250,000米ドル以上の賞金がかかっており、上位入賞者には賞金が与えられる。また、大会の順位に応じて多量のプロツアー・ポイントが付与されプロ待遇ランクに大きく影響する。

2016-17シーズン現在ではブースター・ドラフト3ラウンドとスタンダード5ラウンドを2日間行い(合計16ラウンド)、決勝トーナメントではスタンダードで行われる。また決勝トーナメントでは従来のシングル・エリミネーション方式から、パラマストーナメント方式(予選ラウンド1位、2位の者は準決勝からスタート、3位、4位の者は2回戦からスタート)と変更された。

金曜・土曜の16回戦でベスト8(チーム戦の場合ベスト4)に入り日曜の決勝ラウンドに残れる栄誉を特に「プロツアーサンデー」と呼び、プレイヤーにとって勲章の一つである。マジック・プロツアー殿堂入り投票の際にはプロツアーサンデー回数が大きな選定要素となる(八十岡翔太が長年殿堂入りを阻まれていた理由が「成績の割にプロツアーサンデー数があまりにも少なすぎる」ことであった、詳細は本人頁参照)。

  • 世界選手権11以前の世界選手権個人戦は、参加条件とフォーマットは通常のプロツアーと異なっているものの、記録上はプロツアーの1つとして扱う。世界選手権の項も参照。

[編集] 変遷

プロツアーは過去さまざまなフォーマットで争われてきた。以下にその変遷を記す。

[編集] 2012年のイベント再編

2012年のイベント再編によりプロツアーにも大きな変更が加えられた。

  • エキスパンションの注目度を上げるため、開催が発売日の翌週となり、大会名称は開催地ではなくそのエキスパンション名を冠するようになった。
    • 再編当時は基本セットのプロツアーが開催されなかったが、2014年から開催されるようになった。
  • かつては豪華賞品が貰えるトーナメントアーティストのサイン会などのサイドイベントも充実し参加権がない人も見学できる一種のお祭りイベントであったが、現在はかつてのマスターズのようにプライベート・イベント(非公開イベント)となり完全招待制になった。代わりに、これまで最終日のTop8だけであったライブ解説配信が全日程で行われるようになり、世界のプロ達の対戦がより視聴しやすくなっている。お祭りとしての役目は大幅に開催数が増えたグランプリが担うこととなる。
  • 再編後の世界選手権プレイヤー選手権)はプロツアーとして扱われなくなり、プロツアーベスト8の数としてはカウントされなくなった。

[編集] 参加資格(2016-17シーズン)

  • 前回プロツアー マッチポイント33点以上獲得者
  • 該当グランプリ 個人戦上位8名、またはマッチポイント39点以上獲得者
  • 該当グランプリ チーム戦上位4名、またはマッチポイント36点以上獲得チームのメンバー
  • 該当プロツアー地域予選 上位4名(Magic Online地域予選のみ上位8名)
  • プロプレイヤーズ・クラブ ゴールドレベル以上 (シルバーレベルの者は、1つのプロツアーのみ参加権を得られる)
  • 前回ワールド・マジック・カップ(団体戦)ベスト8入賞チームのメンバー (WMC後直近のプロツアーのみ)
  • 該当マジックオンラインチャンピオンシップシリーズ(MOCS)Playoff上位2名、またはOpen優勝者
  • 年間ランキング・ポイント上位者による選出された、前回マジックオンラインチャンピオンシップ(MOC)参加者 (MOC後直近のプロツアーのみ)
  • 該当Magic Onlineプロツアー予選 優勝
  • マジック・プロツアー殿堂表彰者

また、非常に稀なケースでは、主催者からの特別招待によってプロツアーへ参加できるプレイヤーも存在する。日本人ではプロツアー「タルキール龍紀伝」糸谷哲郎竜王(当時)が出場した(参考)。

プロプレイヤーズ・クラブ(シルバーレベル)とマジック・プロツアー殿堂表彰者を除く、招待された者は開催地までの往復航空券も授与される。

[編集] 参加資格(2014-15シーズンまで)

[編集] 2014~15シーズンまで

★印の者は開催地までの往復航空券も授与される。

(※1)グランプリインディアナポリス13以降、参加者が1200人以上のグランプリと、14-15シーズンの全てのグランプリに適用。
(※2)2013-14シーズンまで、ゴールドレベルプレイヤーは、参加権のみを得られる。
(※3)WMC後直近のプロツアーのみに適用。2014年のみベスト8。
(※4)参加者が128人以上のプロツアー地域予選のみ上位8名。
(※5.)MOCS season決勝、MOCSプレイヤー・オブ・ザ・イヤー決定戦、MOCSラストチャンス予選が該当

[編集] 2011年まで

[編集] 賞金とプロポイント

[編集] 2016-17シーズン~

順位 賞金 プロポイント 備考
1 50,000USD 31 次シーズン世界選手権参加権利
次シーズン終了まで
プロプレイヤーズ・クラブプラチナレベル昇格
2 20,000USD 27  
3-4 15,000USD 23
5-6 10,000USD 19
7-8 5,000USD 15
9-16 5,000USD
17-24 3,000USD
25-32 2,000USD
33-48 1,500USD
49-64 1,000USD
65位以下 なし

※トップ8入賞以外のプレイヤーのプロツアー・ポイントの獲得は、最終順位ではなく、自身のマッチポイントに基づいてポイントが与えられる。(条件、獲得ポイント2015-16シーズンと同一)

[編集] 2014-15シーズン~2015-16シーズン

順位 賞金 プロポイント 備考
1 40,000USD 30 次シーズン世界選手権参加権利
次シーズン終了まで
プロプレイヤーズ・クラブプラチナレベル昇格
2 20,000USD 26 次回プロツアー
参加権利+往復航空券
3-4 12,500USD 22
5-8 10,000USD 18
9-16 5,000USD  
17-25 2,500USD
26-50 1,500USD
51-75 1,000USD
76位以下 なし

※トップ8入賞以外のプレイヤーのプロツアー・ポイントの獲得は、最終順位ではなく、自身のマッチポイントに基づいてポイントが与えられる。

マッチポイント プロポイント 備考
36以上 15 次回プロツアー
参加権利+往復航空券
35 12
34 11
33 10
32 9  
31 8
30 6
29-28 5 2014-15シーズンのみ4ポイント
27 4 2014-15シーズンのみ3ポイント
26以下 3

[編集] 2013-14シーズンまで

順位 賞金 プロポイント 備考
1 40,000USD 30 次シーズン世界選手権参加権利
次シーズン終了まで
プロプレイヤーズ・クラブプラチナレベル昇格
2 20,000USD 24 次回プロツアー
参加権利+往復航空券
3-4 12,500USD 22
5-8 10,000USD 20
9-16 5,000USD 15
17-25 2,500USD 10
26-50 1,500USD 6  
51-75 1,000USD 5
76-100 なし 4
101位以下 なし 3

[編集] 参考

QR Code.gif