ターボネクサス

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
(全体の構成を変更、パイオニアについて追記)
1行: 1行:
'''ターボネクサス''' (''Turbo Nexus'') は、[[運命のきずな/Nexus of Fate]]をキーカードとした[[タイム・デストラクション]]系[[ロック]][[デッキ]]。[[ターボフォグ]]と[[エターナルブルー]]の中間のような構成をとる。[[基本セット2019]]参入後の[[スタンダード]]環境に存在する。
+
'''ターボネクサス''' (''Turbo Nexus'') は、[[運命のきずな/Nexus of Fate]]をキーカードとした[[タイム・デストラクション]]系[[ロック]][[デッキ]]。[[ターボフォグ]]と[[エターナルブルー]]の中間のような構成をとる。[[基本セット2019]]参入後の[[スタンダード]]環境と[[パイオニア]]環境に存在する。
  
 
==概要==
 
==概要==
 
{{#card:Nexus of Fate}}
 
{{#card:Nexus of Fate}}
{{#card:Teferi, Hero of Dominaria}}
 
{{#card:Root Snare}}
 
  
[[マナ加速]]から[[根の罠/Root Snare]]のような[[濃霧/Fog]]呪文と[[運命のきずな/Nexus of Fate]]による[[追加のターン|追加ターン]]によって、[[ドミナリアの英雄、テフェリー/Teferi, Hero of Dominaria]][[ウルザの後継、カーン/Karn, Scion of Urza]]といった強力な[[プレインズウォーカー (カード・タイプ)|プレインズウォーカー]]の+1[[忠誠度能力]][[起動]]回数を増やして[[アドバンテージ]]を得る。最終的にはテフェリーの-8忠誠度能力を起動、[[引く|ドロー]]呪文やテフェリーの+1忠誠度能力を絡めて[[対戦相手]][[パーマネント]]を全て[[追放]]し、
+
[[マナ加速]]から[[濃霧/Fog]]呪文と[[運命のきずな/Nexus of Fate]]による[[追加のターン|追加ターン]]によって、[[無限ターン]]に近い状態をつくり勝利する。運命のきずなは自身の[[能力]]でライブラリーに[[戻す|戻る]]ので、[[エターナルブルー]]のような再利用の[[ギミック]]を別途組み込む必要がない。
  
*カーンの-2忠誠度能力により[[生成]]した[[トークン]]で[[殴る]]
+
*入手経路が限られる[[BOX特典カード]]の運命のきずなが4枚使われたデッキということでも話題となった。
*運命のきずな以外の自分の[[ライブラリー]]を全て削り、[[手札]]を7枚握った上で対戦相手が[[ライブラリーアウト]]するまで毎ターンの[[クリンナップ・ステップ]]で運命のきずなを[[捨てる|捨て]]て戻してを繰り返す
+
*運命のきずなの、ライブラリーに[[戻す|戻して]][[切り直す]](そして[[対戦相手]]にも切り直してもらう)という手順を踏む特性上、無限ターン系デッキの中でも1ターンの時間がかかりやすい。
*テフェリーの-3忠誠度能力でテフェリー自身をライブラリーに戻し続ける
+
**このデッキに限ったことではないが、[[トーナメント]]では[[遅いプレイ]][[遅延行為]])の[[懲罰]]を受けないように注意したい。
 
+
といった手段を用いて[[勝利]]する。
+
 
+
運命のきずなは自身の[[能力]]でライブラリーに[[戻す|戻る]]ので、[[エターナルブルー]]のような再利用の[[ギミック]]を別途組み込む必要がない。
+
 
+
テフェリーのアンタップ能力を活かすためにマナ加速として[[楽園の贈り物/Gift of Paradise]]を用いたり、[[タップ能力]]付きの土地を使い回すのも特徴。[[航路の作成/Chart a Course]][[薬術師の眼識/Chemister's Insight]]の[[再活]]により[[捨てる]]カードのタネになるため、[[ビートダウン (デッキ)|ビートダウンデッキ]]系デッキ以外であっても濃霧系呪文が完全に[[腐る]]ことがない点も見逃せない。
+
 
+
[[基本セット2019]]参入直後の[[マジック25周年記念プロツアー]]には[[Raphaël Lévy]]や[[Lee Shi Tian]]といった強豪[[プレイヤー]]も持ち込んで話題となった<ref>[https://mtg-jp.com/coverage/pt25a/article/0030889/ メタゲームブレイクダウン:スタンダード]</ref><ref>[https://mtg-jp.com/reading/iwashowdeck/0030945/ 岩SHOWの「デイリー・デッキ」:ターボフォグ(スタンダード)] Lee Shi Tianが使用したデッキリスト</ref>。
+
  
 +
==イクサラン・ブロック〜基本セット2020期==
 
{{#card:Wilderness Reclamation}}
 
{{#card:Wilderness Reclamation}}
  
[[ローテーション]]後は[[花粉のもや/Haze of Pollen]]や[[サイクリングランド]]を失い一時弱体化したが、[[ラヴニカの献身]]では相性のよい[[荒野の再生/Wilderness Reclamation]]や[[成長のらせん/Growth Spiral]]を獲得した。濃霧系呪文の採用枚数が減り、大量マナでサーチと追加ターンを連打する[[ターボランド (用語)|ターボランド]]の構成に近くなった。テフェリーに頼らずとも戦えるようになり、[[グランプリメンフィス19]]では[[白]]を抜いた[[緑青]]の構成のシミック・ネクサスが主流となった<ref>[https://www.channelfireball.com/grand-prix-memphis-day-2-metagame-breakdown/ Grand Prix Memphis Day 2 Metagame Breakdown]</ref>
+
[[ローテーション]]後は[[花粉のもや/Haze of Pollen]]や[[サイクリングランド]]を失い一時弱体化したが、[[ラヴニカの献身]]では相性のよい[[荒野の再生/Wilderness Reclamation]]や[[成長のらせん/Growth Spiral]]を獲得した。濃霧系呪文の採用枚数が減り、大量マナでサーチと追加ターンを連打する[[ターボランド (用語)|ターボランド]]の構成に近くなった。テフェリーに頼らずとも戦えるようになり、[[グランプリメンフィス19]]では[[白]]を抜いた[[緑青]]の構成のシミック・ネクサスが主流となり<ref>[https://www.channelfireball.com/grand-prix-memphis-day-2-metagame-breakdown/ Grand Prix Memphis Day 2 Metagame Breakdown]</ref>、以降も緑青の構成が主流となった。
  
 
{{#card:Tamiyo, Collector of Tales}}
 
{{#card:Tamiyo, Collector of Tales}}
29行: 20行:
 
[[灯争大戦]]参入後は、デッキに噛み合った能力を持つ[[伝承の収集者、タミヨウ/Tamiyo, Collector of Tales]]や、無限ターン成立後の[[フィニッシャー]]を用意できる[[世界を揺るがす者、ニッサ/Nissa, Who Shakes the World]]を獲得したものの、[[時を解す者、テフェリー/Teferi, Time Raveler]]の流行が大きな逆風となっている。
 
[[灯争大戦]]参入後は、デッキに噛み合った能力を持つ[[伝承の収集者、タミヨウ/Tamiyo, Collector of Tales]]や、無限ターン成立後の[[フィニッシャー]]を用意できる[[世界を揺るがす者、ニッサ/Nissa, Who Shakes the World]]を獲得したものの、[[時を解す者、テフェリー/Teferi, Time Raveler]]の流行が大きな逆風となっている。
  
*入手経路が限られる[[BOX特典カード]]の運命のきずなが4枚使われたデッキということでも話題となった。
+
*[[2019年]]2月14日付でアリーナ・スタンダード(1本先取ルール)において運命のきずなが[[禁止カード]]に指定され、同ゲームモードでは使用不可能になった(2本先取ルールや、[[紙]]のマジックでは変更なし)。詳細については[[運命のきずな/Nexus of Fate#禁止指定]]を参照。
*運命のきずなの、ライブラリーに[[戻す|戻して]][[切り直す]](そして[[対戦相手]]にも切り直してもらう)という手順を踏む特性上、無限ターン系デッキの中でも1ターンの時間がかかりやすい。
+
**このデッキに限ったことではないが、[[トーナメント]]では[[遅いプレイ]]([[遅延行為]])の[[懲罰]]を受けないように注意したい。
+
**[[Magic Online]]や[[Magic: The Gathering Arena]]などの[[コンピューターゲーム]]では上記の処理が自動化されているのでとても楽。特にMagic: The Gathering Arenaでは、ワイルドカードの交換で運命のきずなを容易に入手できることも相まって、[[紙|現実世界]]と比べて使用プレイヤーが非常に多い。
+
***[[2019年]]2月14日付でアリーナ・スタンダード(1本先取ルール)において運命のきずなが[[禁止カード]]に指定され、同ゲームモードでは使用不可能になった(2本先取ルールや、[[紙]]のマジックでは変更なし)。詳細については[[運命のきずな/Nexus of Fate#禁止指定]]を参照。
+
  
==サンプルリスト==
+
===サンプルリスト===
===初期型===
+
====ラヴニカの献身後====
*備考
+
=====緑白青=====
**[[グランプリロサンゼルス18]] ベスト4([https://magic.wizards.com/en/events/coverage/gpla18 参考])
+
**使用者:[[Eric Froehlich]]
+
*[[フォーマット]]
+
**[[スタンダード]]([[カラデシュ・ブロック]]+[[アモンケット・ブロック]]+[[イクサラン・ブロック]]+[[ドミナリア]]+[[基本セット2019]])
+
 
+
{{#MagicFactory: df318999}}
+
*追加の[[運命のきずな/Nexus of Fate]]として[[カーンの経時隔離/Karn's Temporal Sundering]]が採用されている。
+
 
+
===ラヴニカの献身後===
+
====緑白青====
+
 
*備考
 
*備考
 
**Standard Premier #11787261 on 02/02/2019 優勝([https://magic.wizards.com/en/articles/archive/mtgo-standings/standard-finals-2019-02-03 参考])
 
**Standard Premier #11787261 on 02/02/2019 優勝([https://magic.wizards.com/en/articles/archive/mtgo-standings/standard-finals-2019-02-03 参考])
57行: 34行:
 
*[[ローテーション]]後、[[ラヴニカの献身]]参入後のリスト。
 
*[[ローテーション]]後、[[ラヴニカの献身]]参入後のリスト。
  
====緑青====
+
=====緑青=====
 
*備考
 
*備考
 
**[[ミシックチャンピオンシップクリーブランド19]] ベスト8([https://magic.wizards.com/en/events/coverage/2019MC1 参考]/[https://mtg-jp.com/coverage/mccle19/ 参考])
 
**[[ミシックチャンピオンシップクリーブランド19]] ベスト8([https://magic.wizards.com/en/events/coverage/2019MC1 参考]/[https://mtg-jp.com/coverage/mccle19/ 参考])
68行: 45行:
 
*[[グランプリメンフィス19]]では[[原根健太]]もほぼ同一のデッキリストでTop8に入賞している(サイドボードが1枚異なるのみ)。本人による解説([https://jspeed.hatenablog.com/entry/2019/02/28/031930 参考])も参照。
 
*[[グランプリメンフィス19]]では[[原根健太]]もほぼ同一のデッキリストでTop8に入賞している(サイドボードが1枚異なるのみ)。本人による解説([https://jspeed.hatenablog.com/entry/2019/02/28/031930 参考])も参照。
  
====ゲートネクサス====
+
=====ゲートネクサス=====
 
*備考
 
*備考
 
**Standard Premier #11780197 on 01/26/2019 ベスト4([https://magic.wizards.com/en/articles/archive/mtgo-standings/standard-finals-2019-01-27 参考])
 
**Standard Premier #11780197 on 01/26/2019 ベスト4([https://magic.wizards.com/en/articles/archive/mtgo-standings/standard-finals-2019-01-27 参考])
78行: 55行:
 
*[[ターボゲート]]との[[ハイブリッドデッキ]]。運命のきずなの英語名に掛けて、'''Nexus of Gate'''とも呼ばれる。
 
*[[ターボゲート]]との[[ハイブリッドデッキ]]。運命のきずなの英語名に掛けて、'''Nexus of Gate'''とも呼ばれる。
  
===灯争大戦後===
+
====灯争大戦後====
====緑青====
+
=====緑青=====
 
*備考
 
*備考
 
**[[グランプリ台北19]] ベスト8([http://coverage.channelfireball.com/event/18 参考])
 
**[[グランプリ台北19]] ベスト8([http://coverage.channelfireball.com/event/18 参考])
87行: 64行:
  
 
{{#MagicFactory:df319251}}
 
{{#MagicFactory:df319251}}
 
+
=====緑青(ミッドレンジ)=====
====緑青(ミッドレンジ)====
+
 
*備考
 
*備考
 
**[[グランプリカンザスシティ19]] ベスト4([http://coverage.channelfireball.com/event/17 参考])
 
**[[グランプリカンザスシティ19]] ベスト4([http://coverage.channelfireball.com/event/17 参考])
98行: 74行:
 
*[[荒野の再生/Wilderness Reclamation]]を外し、[[クリーチャー]]を多めに採用した[[ミッドレンジ]]型。
 
*[[荒野の再生/Wilderness Reclamation]]を外し、[[クリーチャー]]を多めに採用した[[ミッドレンジ]]型。
  
====緑白青====
+
=====緑白青=====
 
*備考
 
*備考
 
**[[StarCityGames.com]] Richmond Standard Classic 準優勝([http://www.starcitygames.com/events/040519_richmond.html 参考])
 
**[[StarCityGames.com]] Richmond Standard Classic 準優勝([http://www.starcitygames.com/events/040519_richmond.html 参考])
106行: 82行:
  
 
{{#MagicFactory:df319181}}
 
{{#MagicFactory:df319181}}
 +
==カラデシュ・ブロック〜基本セット2019期==
 +
{{#card:Teferi, Hero of Dominaria}}
 +
{{#card:Root Snare}}
 +
 +
[[マナ加速]]から[[濃霧/Fog]]呪文と[[運命のきずな/Nexus of Fate]]による[[追加のターン|追加ターン]]によって、[[ドミナリアの英雄、テフェリー/Teferi, Hero of Dominaria]]や[[ウルザの後継、カーン/Karn, Scion of Urza]]といった強力な[[プレインズウォーカー (カード・タイプ)|プレインズウォーカー]]の+1[[忠誠度能力]][[起動]]回数を増やして[[アドバンテージ]]を得る。最終的にはテフェリーの-8忠誠度能力を起動、[[引く|ドロー]]呪文やテフェリーの+1忠誠度能力を絡めて[[対戦相手]]の[[パーマネント]]を全て[[追放]]し、
 +
 +
*カーンの-2忠誠度能力により[[生成]]した[[トークン]]で[[殴る]]
 +
*運命のきずな以外の自分の[[ライブラリー]]を全て削り、[[手札]]を7枚握った上で対戦相手が[[ライブラリーアウト]]するまで毎ターンの[[クリンナップ・ステップ]]で運命のきずなを[[捨てる|捨て]]て戻してを繰り返す
 +
*テフェリーの-3忠誠度能力でテフェリー自身をライブラリーに戻し続ける
 +
 +
といった手段を用いて[[勝利]]する。
 +
 +
テフェリーのアンタップ能力を活かすためにマナ加速として[[楽園の贈り物/Gift of Paradise]]を用いたり、[[タップ能力]]付きの土地を使い回すのも特徴。[[航路の作成/Chart a Course]]や[[薬術師の眼識/Chemister's Insight]]の[[再活]]により[[捨てる]]カードのタネになるため、[[ビートダウン (デッキ)|ビートダウンデッキ]]系デッキ以外であっても濃霧系呪文が完全に[[腐る]]ことがない点も見逃せない。
 +
 +
[[基本セット2019]]参入直後の[[マジック25周年記念プロツアー]]には[[Raphaël Lévy]]や[[Lee Shi Tian]]といった強豪[[プレイヤー]]も持ち込んで話題となった<ref>[https://mtg-jp.com/coverage/pt25a/article/0030889/ メタゲームブレイクダウン:スタンダード]</ref><ref>[https://mtg-jp.com/reading/iwashowdeck/0030945/ 岩SHOWの「デイリー・デッキ」:ターボフォグ(スタンダード)] Lee Shi Tianが使用したデッキリスト</ref>。
 +
 +
===サンプルリスト===
 +
*備考
 +
**[[グランプリロサンゼルス18]] ベスト4([https://magic.wizards.com/en/events/coverage/gpla18 参考])
 +
**使用者:[[Eric Froehlich]]
 +
*[[フォーマット]]
 +
**[[スタンダード]]([[カラデシュ・ブロック]]+[[アモンケット・ブロック]]+[[イクサラン・ブロック]]+[[ドミナリア]]+[[基本セット2019]])
 +
 +
{{#MagicFactory: df318999}}
 +
*追加の[[運命のきずな/Nexus of Fate]]として[[カーンの経時隔離/Karn's Temporal Sundering]]が採用されている。
 +
 +
==パイオニア==
 +
[[パイオニア]]環境でも成立する。
 +
 +
{{#card: Dig Through Time}}
 +
 +
基本の構成パーツはスタンダードのシミック・ネクサスとほぼ同様だが、強力な[[引く|ドロー]]呪文の[[時を越えた探索/Dig Through Time]]で安定して[[無限ターン]]を狙うことができる。
 +
 +
===サンプルリスト===
 +
*備考
 +
**Pioneer PTQ #12006968 on 11/01/2019 優勝([https://magic.wizards.com/en/articles/archive/mtgo-standings/pioneer-ptq-2019-11-02 参考])
 +
**使用者:TrollingSaruman
 +
*[[フォーマット]]
 +
**[[パイオニア]](〜[[エルドレインの王権]])
  
 +
{{#MagicFactory: df319485}}
 
==脚注==
 
==脚注==
 
<references />
 
<references />
132行: 148行:
 
[[Category:ラヴニカの献身を含むスタンダードデッキ]]
 
[[Category:ラヴニカの献身を含むスタンダードデッキ]]
 
[[Category:灯争大戦を含むスタンダードデッキ]]
 
[[Category:灯争大戦を含むスタンダードデッキ]]
 +
[[Category:パイオニアデッキ]]

2019年11月3日 (日) 10:43時点における版

ターボネクサス (Turbo Nexus) は、運命のきずな/Nexus of Fateをキーカードとしたタイム・デストラクションロックデッキターボフォグエターナルブルーの中間のような構成をとる。基本セット2019参入後のスタンダード環境とパイオニア環境に存在する。

目次

概要


Nexus of Fate / 運命のきずな (5)(青)(青)
インスタント

このターンに続いて追加の1ターンを行う。
運命のきずながいずれかの領域から墓地に置かれるなら、代わりに運命のきずなを公開し、オーナーのライブラリーに加えて切り直す。


マナ加速から濃霧/Fog呪文と運命のきずな/Nexus of Fateによる追加ターンによって、無限ターンに近い状態をつくり勝利する。運命のきずなは自身の能力でライブラリーに戻るので、エターナルブルーのような再利用のギミックを別途組み込む必要がない。

  • 入手経路が限られるBOX特典カードの運命のきずなが4枚使われたデッキということでも話題となった。
  • 運命のきずなの、ライブラリーに戻して切り直す(そして対戦相手にも切り直してもらう)という手順を踏む特性上、無限ターン系デッキの中でも1ターンの時間がかかりやすい。

イクサラン・ブロック〜基本セット2020期


Wilderness Reclamation / 荒野の再生 (3)(緑)
エンチャント

あなたの終了ステップの開始時に、あなたがコントロールしている土地をすべてアンタップする。


ローテーション後は花粉のもや/Haze of Pollenサイクリングランドを失い一時弱体化したが、ラヴニカの献身では相性のよい荒野の再生/Wilderness Reclamation成長のらせん/Growth Spiralを獲得した。濃霧系呪文の採用枚数が減り、大量マナでサーチと追加ターンを連打するターボランドの構成に近くなった。テフェリーに頼らずとも戦えるようになり、グランプリメンフィス19ではを抜いた緑青の構成のシミック・ネクサスが主流となり[1]、以降も緑青の構成が主流となった。


Tamiyo, Collector of Tales / 伝承の収集者、タミヨウ (2)(緑)(青)
伝説のプレインズウォーカー — タミヨウ(Tamiyo)

対戦相手がコントロールしている呪文や能力は、あなたにカードを捨てさせることもパーマネントを生け贄に捧げさせることもできない。
[+1]:土地でないカード名1つを選び、その後あなたのライブラリーの一番上からカードを4枚公開する。その中から、その選ばれた名前を持つカードをすべてあなたの手札に加え、残りをあなたの墓地に置く。
[-3]:あなたの墓地からカード1枚を対象とし、それをあなたの手札に戻す。

5


Callous Dismissal / 無神経な放逐 (1)(青)
ソーサリー

土地でないパーマネント1つを対象とし、それをオーナーの手札に戻す。
動員1を行う。(あなたがコントロールしている軍団(Army)1体の上に+1/+1カウンターを1個置く。あなたが軍団をコントロールしていないなら、その前に、黒の0/0のゾンビ(Zombie)・軍団クリーチャー・トークンを1体生成する。)


灯争大戦参入後は、デッキに噛み合った能力を持つ伝承の収集者、タミヨウ/Tamiyo, Collector of Talesや、無限ターン成立後のフィニッシャーを用意できる世界を揺るがす者、ニッサ/Nissa, Who Shakes the Worldを獲得したものの、時を解す者、テフェリー/Teferi, Time Ravelerの流行が大きな逆風となっている。

サンプルリスト

ラヴニカの献身後

緑白青
Turbo Nexus [1]
土地 (24)
1 オラーズカの拱門/Arch of Orazca
4 繁殖池/Breeding Pool
3 氷河の城砦/Glacial Fortress
4 神聖なる泉/Hallowed Fountain
4 内陸の湾港/Hinterland Harbor
1 島/Island
4 陽花弁の木立ち/Sunpetal Grove
3 寺院の庭/Temple Garden
クリーチャー (0)
呪文 (36)
3 薬術師の眼識/Chemister's Insight
4 解任+開展/Depose+Deploy
4 成長のらせん/Growth Spiral
4 運命のきずな/Nexus of Fate
4 選択/Opt
4 活力回復/Revitalize
4 根の罠/Root Snare
3 アズカンタの探索/Search for Azcanta
2 ドミナリアの英雄、テフェリー/Teferi, Hero of Dominaria
4 荒野の再生/Wilderness Reclamation
サイドボード (15)
2 押し潰す梢/Crushing Canopy
4 ハイドロイド混成体/Hydroid Krasis
3 秋の騎士/Knight of Autumn
2 黎明をもたらす者ライラ/Lyra Dawnbringer
4 否認/Negate
緑青
Simic Nexus [2]
土地 (24)
4 繁殖池/Breeding Pool
6 森/Forest
4 内陸の湾港/Hinterland Harbor
4 島/Island
4 天才の記念像/Memorial to Genius
2 シミックのギルド門/Simic Guildgate
クリーチャー (2)
2 ハイドロイド混成体/Hydroid Krasis
呪文 (34)
3 一瞬/Blink of an Eye
4 薬術師の眼識/Chemister's Insight
4 成長のらせん/Growth Spiral
4 運命のきずな/Nexus of Fate
4 選択/Opt
1 予知覚/Precognitive Perception
4 根の罠/Root Snare
3 アズカンタの探索/Search for Azcanta
3 悪意ある妨害/Sinister Sabotage
4 荒野の再生/Wilderness Reclamation
サイドボード (15)
3 アゾカンの射手/Atzocan Archer
2 生体性軟泥/Biogenic Ooze
2 押し潰す梢/Crushing Canopy
1 僧帽地帯のドルイド/Druid of the Cowl
1 ハイドロイド混成体/Hydroid Krasis
3 培養ドルイド/Incubation Druid
2 否認/Negate
1 原初の潮流、ネザール/Nezahal, Primal Tide
ゲートネクサス
Gate Nexus [3]
土地 (26)
4 アゾリウスのギルド門/Azorius Guildgate
1 森/Forest
4 グルールのギルド門/Gruul Guildgate
1 島/Island
4 イゼットのギルド門/Izzet Guildgate
4 調和の公有地/Plaza of Harmony
4 セレズニアのギルド門/Selesnya Guildgate
4 シミックのギルド門/Simic Guildgate
クリーチャー (4)
4 ハイドロイド混成体/Hydroid Krasis
呪文 (30)
4 迂回路/Circuitous Route
2 轟音のクラリオン/Deafening Clarion
4 発展+発破/Expansion+Explosion
4 燃え立つ門/Gates Ablaze
4 成長のらせん/Growth Spiral
4 ギルド会談/Guild Summit
4 運命のきずな/Nexus of Fate
4 荒野の再生/Wilderness Reclamation
サイドボード (15)
4 アーチ道の天使/Archway Angel
1 燃えがら蔦/Cindervines
2 軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke
4 門破りの雄羊/Gatebreaker Ram
3 否認/Negate
1 絶滅の星/Star of Extinction

灯争大戦後

緑青
Simic Nexus [4]
土地 (26)
2 爆発域/Blast Zone
4 繁殖池/Breeding Pool
4 内陸の湾港/Hinterland Harbor
4 天才の記念像/Memorial to Genius
7 森/Forest
5 島/Island
クリーチャー (2)
2 樹上の草食獣/Arboreal Grazer
呪文 (32)
2 一瞬/Blink of an Eye
2 繁茂の絆/Bond of Flourishing
4 成長のらせん/Growth Spiral
3 根の罠/Root Snare
3 アズカンタの探索/Search for Azcanta
1 不快な冷気/Uncomfortable Chill
4 薬術師の眼識/Chemister's Insight
4 伝承の収集者、タミヨウ/Tamiyo, Collector of Tales
4 荒野の再生/Wilderness Reclamation
1 世界を揺るがす者、ニッサ/Nissa, Who Shakes the World
4 運命のきずな/Nexus of Fate
サイドボード (15)
3 生体性軟泥/Biogenic Ooze
3 殺戮の暴君/Carnage Tyrant
1 呪文貫き/Spell Pierce
2 繁茂の絆/Bond of Flourishing
2 否認/Negate
1 根の罠/Root Snare
1 不快な冷気/Uncomfortable Chill
1 集団強制/Mass Manipulation
1 爆発域/Blast Zone
緑青(ミッドレンジ)
Simic Nexus [5]
土地 (26)
2 爆発域/Blast Zone
4 繁殖池/Breeding Pool
10 森/Forest
4 内陸の湾港/Hinterland Harbor
5 島/Island
1 天才の記念像/Memorial to Genius
クリーチャー (16)
4 ハイドロイド混成体/Hydroid Krasis
4 培養ドルイド/Incubation Druid
4 翡翠光のレインジャー/Jadelight Ranger
4 ラノワールのエルフ/Llanowar Elves
呪文 (18)
4 世界を揺るがす者、ニッサ/Nissa, Who Shakes the World
4 伝承の収集者、タミヨウ/Tamiyo, Collector of Tales
2 一瞬/Blink of an Eye
4 成長のらせん/Growth Spiral
4 運命のきずな/Nexus of Fate
サイドボード (15)
3 集団強制/Mass Manipulation
2 覆いを割く者、ナーセット/Narset, Parter of Veils
2 否認/Negate
2 ペラッカのワーム/Pelakka Wurm
4 茨の副官/Thorn Lieutenant
2 打ち壊すブロントドン/Thrashing Brontodon
緑白青
Bant Nexus [6]
土地 (26)
1 森/Forest
1 島/Island
1 オラーズカの拱門/Arch of Orazca
2 爆発域/Blast Zone
4 繁殖池/Breeding Pool
3 氷河の城砦/Glacial Fortress
4 神聖なる泉/Hallowed Fountain
4 内陸の湾港/Hinterland Harbor
3 陽花弁の木立ち/Sunpetal Grove
3 寺院の庭/Temple Garden
クリーチャー (0)
呪文 (34)
3 伝承の収集者、タミヨウ/Tamiyo, Collector of Tales
3 ドミナリアの英雄、テフェリー/Teferi, Hero of Dominaria
4 荒野の再生/Wilderness Reclamation
4 薬術師の眼識/Chemister's Insight
4 成長のらせん/Growth Spiral
4 運命のきずな/Nexus of Fate
4 活力回復/Revitalize
4 根の罠/Root Snare
3 アズカンタの探索/Search for Azcanta
1 無神経な放逐/Callous Dismissal
サイドボード (15)
3 ハイドロイド混成体/Hydroid Krasis
2 秋の騎士/Knight of Autumn
1 イクサランの束縛/Ixalan's Binding
3 ドビンの拒否権/Dovin's Veto
2 永遠神ケフネト/God-Eternal Kefnet
2 黎明をもたらす者ライラ/Lyra Dawnbringer
2 時を解す者、テフェリー/Teferi, Time Raveler

カラデシュ・ブロック〜基本セット2019期


Teferi, Hero of Dominaria / ドミナリアの英雄、テフェリー (3)(白)(青)
伝説のプレインズウォーカー — テフェリー(Teferi)

[+1]:カードを1枚引く。次の終了ステップの開始時に、土地を最大2つアンタップする。
[-3]:土地でないパーマネント1つを対象とし、それをオーナーのライブラリーの一番上から3枚目に置く。
[-8]:あなたは「あなたがカードを1枚引くたび、対戦相手がコントロールしているパーマネント1つを対象とし、それを追放する。」を持つ紋章を得る。

4


Root Snare / 根の罠 (1)(緑)
インスタント

このターン、与えられる戦闘ダメージをすべて軽減する。


マナ加速から濃霧/Fog呪文と運命のきずな/Nexus of Fateによる追加ターンによって、ドミナリアの英雄、テフェリー/Teferi, Hero of Dominariaウルザの後継、カーン/Karn, Scion of Urzaといった強力なプレインズウォーカーの+1忠誠度能力起動回数を増やしてアドバンテージを得る。最終的にはテフェリーの-8忠誠度能力を起動、ドロー呪文やテフェリーの+1忠誠度能力を絡めて対戦相手パーマネントを全て追放し、

といった手段を用いて勝利する。

テフェリーのアンタップ能力を活かすためにマナ加速として楽園の贈り物/Gift of Paradiseを用いたり、タップ能力付きの土地を使い回すのも特徴。航路の作成/Chart a Course薬術師の眼識/Chemister's Insight再活により捨てるカードのタネになるため、ビートダウンデッキ系デッキ以外であっても濃霧系呪文が完全に腐ることがない点も見逃せない。

基本セット2019参入直後のマジック25周年記念プロツアーにはRaphaël LévyLee Shi Tianといった強豪プレイヤーも持ち込んで話題となった[2][3]

サンプルリスト

Turbo Nexus [7]
土地 (26)
1 廃墟の地/Field of Ruin
4 森/Forest
3 氷河の城砦/Glacial Fortress
4 内陸の湾港/Hinterland Harbor
4 灌漑農地/Irrigated Farmland
4 島/Island
4 まばらな木立ち/Scattered Groves
2 陽花弁の木立ち/Sunpetal Grove
クリーチャー (0)
呪文 (34)
4 航路の作成/Chart a Course
4 楽園の贈り物/Gift of Paradise
2 天才の片鱗/Glimmer of Genius
4 花粉のもや/Haze of Pollen
1 カーンの経時隔離/Karn's Temporal Sundering
1 ウルザの後継、カーン/Karn, Scion of Urza
4 運命のきずな/Nexus of Fate
1 自然に仕える者、ニッサ/Nissa, Steward of Elements
3 根の罠/Root Snare
3 アズカンタの探索/Search for Azcanta
2 残骸の漂着/Settle the Wreckage
1 至高の意志/Supreme Will
4 ドミナリアの英雄、テフェリー/Teferi, Hero of Dominaria
サイドボード (15)
3 遵法長、バラル/Baral, Chief of Compliance
1 浄化の輝き/Cleansing Nova
1 造反者の解放/Dissenter's Deliverance
2 ジェイスの敗北/Jace's Defeat
1 黎明をもたらす者ライラ/Lyra Dawnbringer
2 刻み角/Manglehorn
4 否認/Negate
1 原初の潮流、ネザール/Nezahal, Primal Tide

パイオニア

パイオニア環境でも成立する。


Dig Through Time / 時を越えた探索 (6)(青)(青)
インスタント

探査(この呪文を唱える段階であなたがあなたの墓地から追放した各カードは、(1)を支払う。)
あなたのライブラリーの一番上から7枚のカードを見る。それらのうちの2枚をあなたの手札に加え、残りをあなたのライブラリーの一番下に望む順番で置く。


基本の構成パーツはスタンダードのシミック・ネクサスとほぼ同様だが、強力なドロー呪文の時を越えた探索/Dig Through Timeで安定して無限ターンを狙うことができる。

サンプルリスト

Simic Nexus [8]
土地 (23)
3 爆発域/Blast Zone
4 繁殖池/Breeding Pool
2 ヴァントレス城/Castle Vantress
4 寓話の小道/Fabled Passage
2 森/Forest
2 内陸の湾港/Hinterland Harbor
5 島/Island
1 伐採地の滝/Lumbering Falls
クリーチャー (1)
1 氷の中の存在/Thing in the Ice
呪文 (36)
2 航路の作成/Chart a Course
1 サイクロンの裂け目/Cyclonic Rift
4 時を越えた探索/Dig Through Time
4 濃霧/Fog
4 成長のらせん/Growth Spiral
1 覆いを割く者、ナーセット/Narset, Parter of Veils
4 運命のきずな/Nexus of Fate
4 選択/Opt
2 アズカンタの探索/Search for Azcanta
4 至高の意志/Supreme Will
2 伝承の収集者、タミヨウ/Tamiyo, Collector of Tales
4 荒野の再生/Wilderness Reclamation
サイドボード (15)
2 威圧の誇示/Display of Dominance
1 思考を築く者、ジェイス/Jace, Architect of Thought
1 神秘の論争/Mystical Dispute
2 否認/Negate
3 氷の中の存在/Thing in the Ice
3 不屈の追跡者/Tireless Tracker
3 夏の帳/Veil of Summer

脚注

  1. Grand Prix Memphis Day 2 Metagame Breakdown
  2. メタゲームブレイクダウン:スタンダード
  3. 岩SHOWの「デイリー・デッキ」:ターボフォグ(スタンダード) Lee Shi Tianが使用したデッキリスト

参考

QR Code.gif