原根健太

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

原根 健太(はらね けんた)は、東京のマジックプレイヤー。j-speedのハンドルネームでも知られる。

目次

[編集] 概要

小学生の頃にコロコロコミックでマジックを知ったが、敷居が高く感じたため中々始める機会が無かった[1]

始める機会が無かった中でもカバレージや配信などには常に目を通し、世界選手権にも興味を持っていた[1]

そんな原根は2013年末に全く面識のなかった市川ユウキにTwitter上で勧誘され、突然の勧誘を不可解に思いながらもタルキール覇王譚期からマジックを開始。本人曰く、他のプロプレイヤーとは異なり、珍しく最初からプロプレイヤー志望であったとのこと[1]

デュエル・マスターズ遊戯王OCGなどの競技プレイヤーとして活躍していたが、競技プレイ環境が整備されていることを理由に2014年9月以降マジックに専念。

まずは初出場となるプレミアイベントのグランプリ静岡15に出るためにMagic Onlineで猛練習を行い、11位入賞を果たす。グランプリ静岡15の3ヶ月後のグランプリ京都15では3位入賞。プロツアー「マジック・オリジン」にも出場したが、練習するコミュニティが投じなかったので練習不足により散々な結果に終わった[1]

その後、練習環境作りのために上京して就職。ワールド・マジック・カップ13名古屋予選ベスト8に入賞した実績から齋藤友晴からHareruya Prosに勧誘され、2015年11月よりこれに加入[1]。以降2018年10月までの3年間所属していた。

上京したばかりの頃は当時同じHareruya Prosのメンバーであった八十岡翔太中村修平とは比べ物にならないほど競技者としてのレベルが低く、彼らに質問をすると知識や技術の段階の低さから彼らに戸惑われていた[1]

その後もコンスタントに活躍を重ね、プロツアー「破滅の刻」では初のゴールドレベル到達。日本選手権17では初タイトルを獲得。またそれにより日本代表としてワールド・マジック・カップ17への参加権を獲得し、日本チーム初のワールド・マジック・カップ優勝に貢献した。

[編集] 人物・エピソード

  • j-speedのハンドルネームは別カードゲームの大会に出る際、適当にキーボードを叩いて決めたもの。
  • 市川佑樹らとの交友が深く、大会前の調整はMusashiメンバーと共同で行っている。Musashiの主要構成メンバーの所属先Team Cygamesから「7人目のMusashi」と呼ばれることもある[2]
  • 現在はマジック専門のプレイヤーとして活動しているが、その実績からか過去にプレイしていたトレーディングカードゲームのことがたびたびネタにされる。
    • 彼が活躍するとファンからは遊戯王OCGのアニメシリーズのタイトルにならい、「原根☆(活躍した実績など)☆健太」と呼ばれることが多い。
    • 日本選手権17で優勝した際に彼が当時所属していたカードショップでは優勝記念セールが行われたが、アンケートの結果マジック専門店にもかかわらずマジックとは全く関係ないカードが販売されるという珍事が起こった[4]
  • デッキの中ではトロンが大嫌い[5]
  • 結果を出すことよりも晴れ舞台に立つことを目的にマジックを行っている。そのため、新型コロナウイルス感染拡大によってオフラインで対戦できなかった頃は人一倍ストレスを感じていた[1]

[編集] 主な戦績

[編集] プレイヤーズツアー

[編集] プロツアー

[編集] グランプリ

[編集] その他

[編集] 代表的なデッキ

[編集] 脚注

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 『マナバーン2022』(ホビージャパン、2021年12月23日初版)p.44 ISBN 9784798626918
  2. 【PTRIX】未踏の地、ビルバオに到着【Day0】
  3. 新シーズンの幕開け ~プロツアー『イクサラン』とグランプリ・上海2017~
  4. 晴れる屋のTwitter
  5. 『マナバーン2021』(ホビージャパン、2020年12月21日初版)p.7 ISBN 9784798623849

[編集] 参考

QR Code.gif