思考を築く者、ジェイス/Jace, Architect of Thought

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Jace, Architect of Thought / 思考を築く者、ジェイス (2)(青)(青)
プレインズウォーカー — ジェイス(Jace)

[+1]:あなたの次のターンまで、対戦相手1人がコントロールするクリーチャー1体が攻撃するたび、それはターン終了時まで-1/-0の修整を受ける。
[-2]:あなたのライブラリーの一番上から3枚のカードを公開する。対戦相手1人は、それらのカードを2つの束に分ける。一方の束をあなたの手札に加え、他方をあなたのライブラリーの一番下に望む順番で置く。
[-8]:各プレイヤー1人につき、そのプレイヤーのライブラリーから土地でないカードを1枚探し、それを追放する。その後、そのプレイヤーは自分のライブラリーを切り直す。あなたはそれらのカードを、そのマナ・コストを支払うことなく唱えてもよい。

4

ラヴニカへの回帰キービジュアルとしても登場した4枚目のジェイス忠誠度能力は、攻撃クリーチャーの弱体化、プチ嘘か真か/Fact or Fiction、全プレイヤーライブラリーからのサーチ。これまでのジェイスと違い、対戦相手のライブラリーに大きな被害を与える能力を持たない。

目次

[編集] 解説

+1能力
対戦相手の攻撃クリーチャーへの-1/-0修整。プレイヤーのライフはもちろん、ジェイス自身もある程度守ることができ、高い初期忠誠度も相俟ってかなり死にづらくなる。
小型クリーチャーを並べるウィニートークン系のデッキに効果的。特に1点のクロックは無力化することができる。
今わの際/Last Breathの対応範囲を広げられるのも、地味ながら見逃せないメリット。
-2能力
嘘か真かのカード3枚バージョン。ただし選ばなかった方のカードは墓地ではなくライブラリーの一番下へ行くため、墓地利用には使えなくなっている。
「3枚のうち最も欲しい1枚」か「カード2枚」のどちらかは得られる、安定したアドバンテージ源として活用できる。また戦場に出した直後に使用しておけば、除去によるアドバンテージ喪失というリスクも軽減できる。腐る場面がなく、初期忠誠値から2度連打出来るなど、かなり強力な能力。
-8能力
すべてのライブラリーからカードを1枚ずつ選び、タダで唱えられる。最低でもカード2枚(自分と対戦相手1人)と、それを唱えるためのマナ分のアドバンテージを得られるが、できればフィニッシャー級のカードによって速やかにゲームを終わらせたい。対戦相手のデッキタイプへの依存を避けるために、自分の側で強力なカードを用意しておく手もある。

使い方としては+1忠誠度能力で相手の攻撃を凌ぎつつ、-2忠誠度能力の擬似ドローでアドバンテージを稼ぐか、-8忠誠度能力でエンドカードに繋げるという二段構えとなる。全体的にコントロールデッキ向けではあるが、-2忠誠度能力はもちろん、+1忠誠度能力もクリーチャー同士の殴り合いで極めて有効な能力なので、マナ・コストにさえ気をつければビートダウンデッキでも投入できる性能。

スタンダード構築ではコントロールデッキを中心に幅広い活躍を見せている。環境に+1忠誠度能力が有効なビートダウンデッキが多いことに加え、-2忠誠度能力を2回連打してカード・アドバンテージを得る使い捨て的な運用でも十分強力なので、腐る場面が存在しない点が大きい。4マナとやや重く、複数同時には展開できないにも関わらず、使い切りを前提に3~4枚投入するデッキも少なくない。またローテーション後はビートダウンデッキの青単信心でも採用された。

モダンでは登場直後はあまり注目されていなかったが、欠片の双子などのサイドボードにしばしば採用されるようになっている。

[編集] ルール

+1能力
-2能力
  • 能力の解決時に、対戦相手から1人を選ぶ。公開されたカードは他のプレイヤーも見ることができ、山分けに関する提案や反対意見を述べるのも自由だが、山分けの最終的な決定権は選ばれたプレイヤーにある。
  • 主語のない文の動作主はあなたである。2つののうち、どちらを手札に加えるかを決めるのは対戦相手ではなく、あなたになる。
  • 束の片方を0枚にすることも適正である。
-8能力
  • カードをライブラリーから探すことは、すべてのカードを探し終えるまで自由に行ってよい。どのプレイヤーのライブラリーから先に探してもよいし、プレイヤー1人のライブラリーを一通り見た後にそれを置き、他のプレイヤーのライブラリーからカードを1枚探してからまた改めてそのプレイヤーのライブラリーからカードを選んでもよい。すべて選び終えた後にそれらを追放する。
  • 適正な対象が存在しないなどで唱えられないカード、唱えないことを選択したカードは追放されたままになる。残りは好きな順序でスタックに積む。
  • 能力の解決中に呪文を唱えるので、カード・タイプに基づくタイミングの制限は適用されない。ただし、狂暴化/Berserkなどのルール文章に書かれた唱える際の制限は適用される。
  • 代替コスト支払うことはできない(超過コストなど)。任意の追加コストは支払うかどうかを選択でき、強制の追加コストは唱える場合必ず支払わなければならない。またマナ・コストのXは0になる。

[編集] 関連カード

[編集] ストーリー

しばしの安息を求め、ラヴニカ/Ravnicaに滞在しているジェイス・ベレレン/Jace Beleren。気晴らしを必要としていた彼は、不審な動きを見せるギルド/Guildの調査を始めた。

詳細はジェイス・ベレレン/Jace Beleren (ストーリー)を参照。

[編集] 参考

QR Code.gif