サイクリングランド

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

サイクリングランド(Cycling Land)とは、サイクリングを持つ土地のこと。ウルザズ・サーガオンスロートアモンケットでそれぞれサイクルが登場している。


Drifting Meadow / 漂う牧草地
土地

漂う牧草地はタップ状態で戦場に出る。
(T):あなたのマナ・プールに(白)を加える。
サイクリング(2)((2),このカードを捨てる:カードを1枚引く。)



Secluded Steppe / 隔離されたステップ
土地

隔離されたステップはタップ状態で戦場に出る。
(T):あなたのマナ・プールに(白)を加える。
サイクリング(白)((白),このカードを捨てる:カードを1枚引く。)



Irrigated Farmland / 灌漑農地
土地 — 平地(Plains) 島(Island)

((T):あなたのマナ・プールに(白)か(青)を加える。)
灌漑農地はタップ状態で戦場に出る。
サイクリング(2)((2),このカードを捨てる:カードを1枚引く。)


終盤引くと無駄になりやすいという土地の性質をうまくカバーしていると言える。枯渇地帯/Blasted Landscape以外はタップインのデメリットを持つので、どちらかと言えば低速デッキ向き。

ウルザズ・サーガ版は波動機/Fluctuator系のコンボデッキなど、オンスロートのものはアストログライドなどで特に活躍した。

オンスロート版はサイクリングのコストが1マナ軽く壌土からの生命/Life from the Loamと合わせると強力なドローエンジンになり、それを利用したデッキも好成績を残している。⇒CAL発掘サイカトグ

またPauperではマナフラッド対策として単色デッキでしはしば採用される。

アモンケット版は2種類の基本土地タイプを持つ2色地形であり、ウルザズ・サーガ版の実質的上位互換になっている。その分レアリティも上がっている。

[編集] 該当カード

[編集] 参考

QR Code.gif