迂回路/Circuitous Route

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Circuitous Route / 迂回路 (3)(緑)
ソーサリー

あなたのライブラリーから基本土地か門(Gate)であるカードを最大2枚探し、それらをタップ状態で戦場に出し、その後ライブラリーを切り直す。


探せるようになった爆発的植生/Explosive Vegetation上位互換

元のカードと同様、4マナから6~7マナ域まで一気にジャンプアップでき、重量級カードに繋げやすくなる。門を探せるようになったことで色マナを安定させやすくなっており、3色以上の多色デッキであれば恩恵は大きい。

スタンダードでは、実質ドロー呪文と化すギルド会談/Guild Summitや、幅広いカード名の土地をサーチできることからトークン生成に終始貢献できる死者の原野/Field of the Deadといった相方に恵まれる。登場時のスタンダードでは単なる加速手段としてこのカードを軸にしたランプデッキが組まれることもある[1]という程度だったが、ラヴニカの献身追加後はターボゲートゲートネクサスといった門シナジーデッキが環境に現れ、基本セット2020追加後は死者の原野を用いたスケープシフトが環境を席巻、ローテーション後もゴロス・ランプとして残存。これらのデッキで重要カードとして4枚積みされている。

リミテッドではここから重量級を叩きつけるだけでも悪くないが、ギルドパクトの大剣/Glaive of the Guildpactギルド会談/Guild Summitを主軸にしたデッキであれば是非採用したいところ。

  • "Circuitous Route"とは「回り道、遠回り」を表す言葉。"take a circuitous route"で「迂回路を進む」という意味になる。イラストは回り道というにはいささかオーバーすぎる道が描かれており、あまり進みたくはない。
「二点を繋ぐ最短の道が必ずしも安全であるとは限りません。」

[編集] 脚注

  1. ナヤ・ランプ(スタンダード)(岩SHOWの「デイリー・デッキ」)

[編集] 参考

QR Code.gif