発展+発破/Expansion+Explosion

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Expansion / 発展 (青/赤)(青/赤)
インスタント

マナ総量が4以下であるインスタントかソーサリーである呪文1つを対象とし、それをコピーする。あなたはそのコピーの新しい対象を選んでもよい。

Explosion / 発破 (X)(青)(青)(赤)(赤)
インスタント

クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人と、プレイヤー1人を対象とする。発破はその前者にX点のダメージを与える。その後者のプレイヤーはカードをX枚引く。


ラヴニカのギルドレア分割カードサイクルイゼット団/The Izzet呪文コピーか、X火力+Xドロー

発展は対象マナ総量4以下に限定された余韻/Reverberate。制限のためX呪文との相性は悪くなってしまったがその応用力は健在。状況に応じてドローや除去カウンターとして振る舞える。

発破はX火力Xドローの抱き合わせ。インスタントになり、同時に2つのモードを使える火想者の発動/Invoke the Firemindともいえる。火種に4マナかかるのは歴代のX呪文でもかなり重い部類。序盤に軽量クリーチャー焼くという用途に使えないのは柔軟性が売りでもあるX火力としてはマイナス。とはいえこのカードは分割カードであり、その柔軟性はもう片方の発展がカバーしている。多くのマナが確保できるゲーム後半においてはインスタント・タイミングで火力とドローを同時に撃てるこのカードの存在感は大きい。

状況を選ぶ呪文コピーと多くのマナを必要とするX呪文の組み合わせであり、長期戦を狙うデッキにおいて力を発揮するカード。登場時のスタンダードにおいては青赤系のコントロールデッキに採用されている。特にワールド・マジック・カップ18では、キッカーした火による戦い/Fight with Fireを発展でコピーして勝利するジェスカイ・コントロールが活躍を見せた。ラヴニカの献身追加後はターボゲートで採用されており、迂回路/Circuitous Route成長のらせん/Growth Spiralをコピーしてランドブーストを補助したり、燃え立つ門/Gates Ablaze1枚で処理しきれない時に上乗せしたり、トドメのX火力として利用される。心理腐食/Psychic Corrosionを使ったライブラリーアウトデッキでもフィニッシャーとなるほか、土地がよく伸びるターボゲートでも長期戦になるとこれで対戦相手のライブラリーを削り切ることも珍しくない。そして発破がフィニッシャーとして重用されたティムール再生ローテーション直前までの長きにわたってメタゲームに絡み、サイクルの中でも突出した存在感を残したカードとなった。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ラヴニカのギルドラヴニカの献身レア分割カードサイクル。左半分がダブルシンボル混成カード、右半分が多色カードになっている。

ラヴニカのギルド
ラヴニカの献身

左半分のイラストにはレアの伝説のクリーチャーサイクル、右半分のイラストにはギルド指導者サイクルから、それぞれ対応するギルド/Guildのキャラクターが描かれている。

[編集] 参考

QR Code.gif