黎明をもたらす者ライラ/Lyra Dawnbringer

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Lyra Dawnbringer / 黎明をもたらす者ライラ (3)(白)(白)
伝説のクリーチャー — 天使(Angel)

飛行、先制攻撃、絆魂
あなたがコントロールしている他の天使(Angel)は、+1/+1の修整を受けるとともに絆魂を持つ。

5/5

かの悪斬の天使/Baneslayer Angelを彷彿とさせる伝説の天使。天使のロードでもある。

このサイズ能力の組み合わせの強力さは悪斬の天使が証明済み。二種類のプロテクションを失い、伝説になって複数体を並べられなくなったとはいえ、5マナ5/5飛行・先制攻撃絆魂の制圧力は健在。ビートダウン相手に、たちまちダメージレースを制してくれるだろう。登場時のスタンダードでもキランの真意号/Heart of Kiran栄光をもたらすもの/Glorybringerスカラベの神/The Scarab God再燃するフェニックス/Rekindling Phoenixなど多くの主力級クリーチャーに対応できる性能である。類似した能力を持っていた伝説の天使である折れた刃、ギセラ/Gisela, the Broken Bladeと比べても、タフネス5と多くの火力の範囲外であるため、特ににとっては厄介な性能。

反面、除去耐性に乏しくカード・アドバンテージを得られるカードではないため、コントロール相手にはあまり有効ではない。登場時のスタンダードでは、無条件にこれを除去できる実用的なカードは3マナ以上のものが多いため、悪斬の天使の現役時代よりもやや除去されにくいのは追い風か。

天使は重い大型クリーチャーが多いため、ロード能力は一見地味。しかしながらスタンダードでは輝かしい天使/Resplendent Angelなど軽めの天使が複数登場したため、十分に意味のある能力になった。特に同時収録されている豊潤の声、シャライ/Shalai, Voice of Plentyとは、マナカーブが噛み合う上にライラの能力でシャライのサイズを上げ、シャライの能力でライラに足りない除去耐性を補えるため、抜群の相性を誇る。

リミテッドでは最高クラスの爆弾レアアンコモン以下に単独でライラに勝てるフライヤーは存在せず、除去さえされなければ大抵の不利は覆してしまえる。

構築においては、ビートダウンに対して特に有効であり、を含むミッドレンジ寄りのデッキならば間違いなく採用され得るスペック。一方でコントロールのフィニッシャーには向かないため、どれほど活躍するかはメタゲーム次第。参入時のスタンタードでは、白系ミッドレンジが低調なためあまり活躍できなかったが、青白コントロールのサイドに1~2枚採用されたほか、王神の贈り物にも時折採用された。ラヴニカのギルド期には、天使のロードとしてボロス天使の主力を務めるようになった。

モダンでは基本的に悪斬の天使が優先されるものの、2枚目が欲しい場合は優先されることが多い。トップメタである5色人間に採用されている翻弄する魔道士/Meddling Mage反射魔道士/Reflector Mageによる被害を減らすことができ、幻影の像/Phantasmal Imageを2枚以上出されてもコピーされないからである。

  • 任意の部族を選べるものを除けば、初となる天使のロード。
  • 元から絆魂を持つ天使は絆魂を二重に持つことになるが、特に意味はない。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ドミナリア神話レア単色伝説のクリーチャーサイクル

[編集] ストーリー

ライラ/Lyraセラの天使/Serra Angelの司令官。セラの領土/Serra's Realmからドミナリア/Dominariaに移住した天使の一人である。

詳細はライラ/Lyraを参照。

[編集] 参考

QR Code.gif