爆発域/Blast Zone

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Blast Zone / 爆発域
土地

爆発域は蓄積(charge)カウンターが1個置かれた状態で戦場に出る。
(T):(◇)を加える。
(X)(X),(T):爆発域の上に蓄積カウンターをX個置く。
(3),(T),爆発域を生け贄に捧げる:マナ総量が爆発域の上に置かれた蓄積カウンターの数に等しく、土地でない各パーマネントをそれぞれ破壊する。


仕組まれた爆薬/Engineered Explosives系列の、マナ総量を参照する全体除去内蔵土地蓄積カウンターを後から追加できるという点では漸増爆弾/Ratchet Bombにも近い。

土地であるため打ち消されることなく全体除去ができるという点で、従来のカードとは一線を画す。ただし高マナ域のパーマネント除去しようとした時の総起動コスト重さはかなりのものであり、目標の調整だけで1ターンはかかるので即効性も低い。処理したいパーマネントのマナ総量がバラけている場合も全体除去としての信頼性は下がる。蓄積カウンターが1個からスタートするため基本的にトークンに触れないのも歯痒い。

クセの強いカードではあるが、長期戦を視野に入れれば汎用性は高い。アンタップイン無色マナを出せるのでわりと気軽に採用でき、相手のデッキタイプさえ把握すれば余ったマナで事前に照準を合わせておくこともある程度可能であり、土地が余ってきたら単体除去止まりでも十分にアドバンテージになる。

登場時のスタンダードではターボネクサスで非常に高い採用率を誇り、色拘束と相談しつつ各種コントロール、場合によってはミッドレンジに採用されることもある。極端に重いパーマネントがあまり使われていない環境なのは追い風。

モダン以下のフォーマットでは強力なパーマネントが低マナ域に集中しているためより効果的に使える。一方それらの環境では各種トークンや虚空の杯/Chalice of the Voidのようなマナ総量が0の強力なパーマネントも存在するため、蓄積カウンターを置かずに戦場に出すことができないという点がネックになりうる。

登場時のスタンダードでは、同時に登場した魂の占者/Soul Divinerで蓄積カウンターを減らすことができる。前述しているようにスタンダード環境ではそこまで必要性は高くないが、魂の占者自体もコントロール戦術向きの優秀なカードであるため狙うのは難しくないコンボである。

[編集] 参考

QR Code.gif