荒野の再生/Wilderness Reclamation

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Wilderness Reclamation / 荒野の再生 (3)(緑)
エンチャント

あなたの終了ステップの開始時に、あなたがコントロールしている土地をすべてアンタップする。


覚醒/Awakeningの流れを汲むエンチャントアンタップするのが自分土地だけになった。

コントロールなどのインスタント・タイミングマナを使う手段の多いデッキにおいては、4マナから8マナ以上にジャンプできる強力なマナ加速となる。即座に除去されなければ、このカード唱えるのに費やしたマナも返ってくるので擬似的なフリースペルのように働く。水没遺跡、アズカンタ/Azcanta, the Sunken Ruinなどのタップ能力を2倍使えるようになるのも見逃せない利点。

類似カードからの変更点として、アンタップするタイミングが他のプレイヤーアンタップ・ステップから自分のターンの終了ステップの開始時になっている。対戦相手パーマネントがアンタップする前に自分の土地がアンタップするためより隙を作りにくくなったほか、追加のターンを得る効果との相性が良くなっている。

総じて運命のきずな/Nexus of Fateとの相性が良く、スタンダードではターボネクサスを大幅に強化した。またこのカードから発破/Explosionに繋げるコントロールデッキ、ティムール再生も存在する。

[編集] 禁止指定

2020年8月3日より、スタンダード禁止カードに指定される[1]メタゲーム内での荒野の再生デッキの占有率の高さが問題視されたものである。ローテーションまで残り2ヶ月ではあったが、2019新型コロナウイルス流行によりデジタルゲームの割合が増した結果スタンダードのプレイ数はむしろ増加しており、メタゲームに介入するには充分な理由であると判断された。

同じく2020年8月3日より、ヒストリックでも一時停止カードに指定され[1]、さらに2020年10月12日より禁止カードに指定される[2]

2021年2月15日より、パイオニアで禁止カードに指定される[3]。パイオニアはスタンダードにおいて強力で象徴的だったカードを再び使用できるフォーマットだが、このカードは「強力で象徴的」と「圧倒的でつまらない」の間の境界線を踏み越えていると判断された。また、時を解す者、テフェリー/Teferi, Time Ravelerの禁止によりさらに使用率が高まることを未然に防止するためでもある。

[編集] 脚注

  1. 1.0 1.1 August 3, 2020 Banned and Restricted Announcement/2020年8月3日 禁止制限告知(News 2020年8月3日 Ian Duke著)
  2. October 12, 2020 Banned and Restricted Announcement/2020年10月12日 禁止制限告知(News 2020年10月12日 Ian Duke著)
  3. February 15, 2021 Banned and Restricted Announcement/2021年2月15日 禁止制限告知(News 2021年2月15日 Ian Duke著)

[編集] 参考

QR Code.gif