無限ターン

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

無限ターン(Infinite Turn)は、無限コンボの一種。無限に、というより好きなだけ追加ターンを得ることによって勝利する。


Time Vault (2)
アーティファクト

Time Vaultはタップ状態で戦場に出る。
Time Vaultはあなたのアンタップ・ステップの間にアンタップしない。
Time Vaultがタップ状態である間にあなたがあなたのターンを始める場合、代わりにあなたはそのターンを飛ばしてもよい。そうした場合、Time Vaultをアンタップする。
(T):このターンに続いて追加の1ターンを行う。



Voltaic Key / 通電式キー (1)
アーティファクト

(1),(T):アーティファクト1つを対象とし、それをアンタップする。


目次

[編集] 概要

コンボが決まるとほぼ無制限(ライブラリーの枚数が続く限り)のドローアンタップ戦闘フェイズ土地プレイその他の付随利益が発生。同時に対戦相手はそれらの権利を失いつつ、行動の選択肢を大きく制限されてロック状態に陥る。完成すればたいていは勝利確定、そのまま相手が投了してゲームセットとなる。

欠点として、その場で速やかに勝負が決するわけではないため、他の無限コンボに比してインスタントによる妨害を受けやすいことが挙げられる。また、あまり気にする必要はないが、ターンを飛ばされる相手は自然にライブラリーアウトしないため、フィニッシャーを全て押さえられてしまうと勝てなくなる。ターンを得る呪文能力コストが高く、カードの絶対数も少ないため、実現そのものが困難な部類に入る、という点も挙げられるだろう。ただしヴィンテージにおいてはTime Vault通電式キー/Voltaic Keyの存在もあり、「Black Lotus+1マナ以上出る土地1枚」「Mishra's Workshop+太陽の指輪/Sol Ring」などの4マナ出す手段+この2枚などの4枚が初手に来れば、1ターン目から成立する事もある。

他の無限コンボにおけるような無限ループを形成することはまずない。これはターンの獲得によりアンタップ・ステップドロー・ステップループの中に取り込めるため、わざわざ1ターン内での無限ループと組み合わせる必要がないという特徴があるためである。よって、このコンボは通常「永続的なカード再利用コンボにターン関連の効果を組み合わせたもの」という形で用いられる。

時間のねじれ/Time Warpのような呪文コピー墓地回収によって連打するものが一般的だが、時間停止/Time Stop精神隷属器/Mindslaverなどといったカードの継続利用によっても擬似的な無限ターンを達成できる。特にアーティファクトである精神隷属器は回収が容易であり、これの登場によって随分コンボを決めやすくなったと言えるだろう。

[編集] 代表的なデッキ

[編集] 無限ターンを得るデッキ

[編集] 無限ではないが、多くの追加ターンを得るデッキ

[編集] 参考

QR Code.gif