不正な対象

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

不正な対象/Illegal Targetとは、呪文能力対象が、その呪文や能力が求める条件に合致していなかったり、存在すらしていなかったりすること。「不正」と同じ意味で「不適正」という訳語も総合ルール中にある。

何らかの理由(唱える起動する、誘発型能力スタックに置く、対象の変更)で対象を指定する必要がある場合、不正な対象を指定することはできない。呪文や能力の対象を指定する段階で、プレイヤーのミスにより不正な対象を対象に指定した場合、その呪文を唱える唱えたり能力を起動したりする前の状態に巻き戻される

呪文や能力の解決時にも、対象が適正かどうかチェックされる。対象となったときにあった領域に存在しなくなっている対象は、適正ではない。たとえば、その特性が変わっていたり、効果によって呪文の文章が変わっていたりするなど、ゲームの状況の変化によって適正でなくなっていることもある。能力の発生源が元あった領域から移動していた場合、この手順において最後の情報が用いられる。

  • 例:呪文の対象として選んだ対戦相手コントロールするクリーチャーがその呪文が解決される前に呪禁を得た。呪文の解決時に、そのクリーチャーは呪文にとって不正な対象となる。
  • 例:呪文の対象として選んだクリーチャーがその呪文が解決される前に雲隠れ/Cloudshiftによって追放されて再び戦場に出た。戦場を離れた時点でそれは対象として選んだオブジェクトとは別のオブジェクトになっているので、呪文の解決時に、対象として選んだクリーチャーは戦場に存在せず呪文にとって不正な対象となる。

呪文や能力の効果のうち、不正な対象に何かをしたり何かをさせたりする部分は無視する。もし呪文や能力の対象が全て不正な対象となった場合は、その呪文や能力は解決されず、スタックから取り除かれる(立ち消え)。

例1:対象を選び、かつ対象に対するものでない効果も持つ呪文

Moment of Craving / 渇望の時 (1)(黒)
インスタント

クリーチャー1体を対象とする。ターン終了時まで、それは-2/-2の修整を受ける。あなたは2点のライフを得る。


  • 対象となったクリーチャーが解決時に対象として不適正であれば、そのコントローラーが2点のライフを得ることも無い。
例2:対象が2つあり、かつ対象に対するものでない効果も持つ呪文

Ashes to Ashes / 灰は灰に (1)(黒)(黒)
ソーサリー

アーティファクトでないクリーチャー2体を対象とし、それらを追放する。灰は灰にはあなたに5点のダメージを与える。


  • 対象となったクリーチャーが解決時に2体とも対象として適正であれば、それらを追放し、灰は灰にのコントローラーに5点のダメージが与えられる。
  • 対象となったクリーチャーが解決時に1体だけ対象として適正であれば、その1体を追放し、灰は灰にのコントローラーに5点のダメージが与えられる。
  • 対象となったクリーチャーが解決時に2体とも対象として不適正であれば、灰は灰には解決されない。2体のクリーチャーを追放することが行われないうえ、灰は灰にのコントローラーに5点のダメージが与えられることもない
例3:対象が2つあり、かつ片方が0を含む可変数の対象を取る誘発型能力が誘発したときの処理

Burning Sun's Avatar / 焼熱の太陽の化身 (3)(赤)(赤)(赤)
クリーチャー — 恐竜(Dinosaur) アバター(Avatar)

焼熱の太陽の化身が戦場に出たとき、対戦相手1人かプレインズウォーカー1体と、クリーチャー最大1体を対象とする。これは、その前者に3点のダメージと、その後者に3点のダメージを与える。

6/6

  • 誘発時に対戦相手もクリーチャーも対象として適正であれば、それらを選択でき、スタックに置かれる。
  • 誘発時に対戦相手は対象として適切であるが全てのクリーチャーが被覆を持つなどで対象に取れない場合でも、対戦相手を対象として選択しクリーチャーは0体を対象とすることでスタックにおくことが出来る。
  • 誘発時に対戦相手が呪禁を持つなどで対象に取れない場合、適切な対象を取ることが出来なくなり、スタックから取り除かれる。これはクリーチャーが適切に対象に取れる状況であろうがなかろうが関係ない。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20170120.0

QR Code.gif