包囲の搭、ドラン/Doran, the Siege Tower

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Doran, the Siege Tower / 包囲の搭、ドラン (黒)(緑)(白)
伝説のクリーチャー — ツリーフォーク(Treefolk) シャーマン(Shaman)

各クリーチャーは、パワーではなくタフネスに等しい点数の戦闘ダメージを割り振る。

0/5

ローウィンで作られた、各部族伝説のクリーチャーサイクルの1体。タフネスを攻撃力へと変換する能力を持つツリーフォークである。

数字上は3マナ0/5だが、自身の能力により実質的に3マナ5/5という高いマナレシオになる。キーワード能力は持たないが、を含むタフネス5なので除去耐性が高い。

能力は全てのクリーチャーに効果を及ぼす。ツリーフォークはタフネス偏重なものが多いため、疑似ロードとしても機能するだろう。対戦相手のクリーチャーにも影響するため、相手が各種ツリーフォークや、根の壁/Wall of Rootsのような壁を使う場合にも強化してしまう点には注意したい。また、この能力はパワーが意味をなくすという事でもあり、ビートダウンで採用されがちな頭でっかちを機能不全に追い込むという使い方も考えられる。

欠点は、3であるためタイトなマナ基盤を強いられる点と、伝説のクリーチャーなので戦場に1体しか出すことができない点。いくらパワーカードであるとは言え、色事故の時や、同時に複数枚手札に来た時に腐り易いのは、無視できないデメリットである。

スタンダード登場時から黒緑白ビートダウンに当たり前の様に採用された。その採用頻度の高さから、ドランの入っていない黒緑白デッキを「ノードラン」と呼び、また「ジャンクカラー」や「ネクラカラー」に並ぶ「ドランカラー」として、以降「アブザンカラー」という名称が登場するまでは黒緑白の通称として定着していた。

  • ツリーフォークの先触れ/Treefolk Harbingerは能力でドランをサーチする事ができる点でも相性が良い。高いタフネスを持ち、ドランを妨害効果から庇う能力を持つ呪文滑り/Spellskiteも相性がよい。
  • 入れ替え効果と違ってタフネスが下がらない。タフネス強化から大ダメージを与えるコンボを行う際にはタフネスが下がらないため安全である反面、パワー0のクリーチャーを除去する使い方もできない。
  • タフネスを用いるのは戦闘ダメージだけ。投げ飛ばし/Fling魂の火/Soul's Fire等、パワーを参照してダメージを与える効果とのシナジーは無い。
  • カード名誤植。「Tower」は「 (つちへん)」であって、「 (てへん)」ではない。「搭」は乗る、乗せるという意味である。搭乗、搭載など。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ローウィン多色伝説のクリーチャーサイクル。いずれもローウィンで強化されたクリーチャー・タイプを持つ。

こちらの公式サイトのコラムも参照。

[編集] 参考

QR Code.gif