削剥/Abrade

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Abrade / 削剥 (1)(赤)
インスタント

以下から1つを選ぶ。
・クリーチャー1体を対象とする。削剥はそれに3点のダメージを与える。
・アーティファクト1つを対象とする。それを破壊する。


アーティファクト除去と対クリーチャー火力モードを選べるインスタント粉砕/Shatter上位互換

粉砕の亜種で既に証明されているように、モードを選択できるアーティファクト対策はかなり使いやすい。特に登場時のスタンダードには機体機械巨人などカラデシュ・ブロックの強力なアーティファクトがひしめいており、対象に困ることはそうないだろう。また、火力呪文の弱体化が進んでいる環境でもあることから、クリーチャー限定とはいえ2マナ3点火力も十分に使い勝手が良い。総じて盤面に手広く対処可能な優良カードであり、腐りにくいためサイドボードだけでなくメインデッキからの搭載も考えられる。

破滅の刻登場時のスタンダードでは、ラムナプ・レッドマルドゥ機体のようなビートダウンから青赤コントロール黒赤コントロールのようなコントロールまで、幅広い系デッキで採用される。破滅の刻期の大会では王神の贈り物が流行していたため、メインデッキから投入するケースも見られた。

イニストラード:真紅の契り再録された際のスタンダードではイゼット天啓およびその後継のイゼット・コントロールジェスカイ日向でメインデッキから採用される。同時期のアルケミーでは強力なマナ・アーティファクトである書庫の鍵/Key to the Archiveを潰せるという点により評価が上がる。ローテーション後、兄弟戦争で通常の火力で焼ききれない巨大なアーティファクト・クリーチャーが環境に増えたことで採用率も増した。特に黒赤系のデッキでは喉首狙い/Go for the Throatと除去範囲を相互補完できる。

レガシーでも、大半のヘイトベアーを焼ける点に加えて、虚空の杯/Chalice of the Void真髄の針/Pithing Needle墓掘りの檻/Grafdigger's Cageなどのアーティファクトによる対策カードまでを1枚で対処できることを買われて、コンボテンポ問わず採用されている。

強力なアーティファクトが多く、クリーチャーも小型の物がほとんどなヴィンテージでも採用されることがある。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

破滅の刻の2つのモードを持つ呪文サイクル。いずれもアンコモンニコル・ボーラス/Nicol Bolasであるに1枚ずつ存在する。

[編集] 参考

QR Code.gif