ポンザ

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ポンザ (Ponza)は、赤単色土地破壊デッキの総称/俗称。

目次

[編集] 概要


Stone Rain / 石の雨 (2)(赤)
ソーサリー

土地1つを対象とし、それを破壊する。



Pillage / 略奪 (1)(赤)(赤)
ソーサリー

アーティファクト1つか土地1つを対象とし、それを破壊する。それは再生できない。



Avalanche Riders / なだれ乗り (3)(赤)
クリーチャー — 人間(Human) ノーマッド(Nomad)

速攻
エコー(3)(赤)(あなたのアップキープの開始時に、これが直前のあなたのアップキープの開始時よりも後にあなたのコントロール下になっていた場合、そのエコー・コストを支払わないかぎりそれを生け贄に捧げる。)
なだれ乗りが戦場に出たとき、土地1つを対象とし、それを破壊する。

2/2

いろいろな定義があるものの、赤単色での土地破壊デッキ全般をポンザと呼ぶが、主にウルザ・ブロック時代に流行した物がこう呼ばれる場合が多く、近年でも思い入れがある古参プレイヤーがこの名前を使っている。ただし、ゴブリンランデスRed Deck Winsがポンザと呼ばれることは少ない。これらのデッキは、あくまでもビートダウンの補助として土地破壊カードが投入されているだけに過ぎず、土地破壊を主軸に作られたデッキではないため。

土地破壊も含めある程度コントロール要素が強く、基本的には、スライのように20点のライフを速攻で削ることに特化したデッキではない。いわゆる赤コントロールに分類される。

  • デッキ名としての「ポンザ」が広まったのは、なだれ乗り/Avalanche Ridersが登場したウルザズ・デスティニー以降。それ以前は単に「土地破壊(ランデス)デッキ」と呼ばれていた。
  • ちなみに、デッキ名の由来は、構築した人がよく行くファーストフード店のメニュー(ピザ系)からだそうだ。

[編集] ミラディン・ブロック期

ウルザトロンなどがメタの上位に浮上してきたことにより、親和メタアーティファクト破壊に特化したビッグ・レッドから土地破壊にシフトしたタイプへと変化した。


Molten Rain / 溶鉄の雨 (1)(赤)(赤)
ソーサリー

土地1つを対象とし、それを破壊する。その土地が基本でなかった場合、溶鉄の雨はその土地のコントローラーに2点のダメージを与える。



Chrome Mox / 金属モックス (0)
アーティファクト

刻印 ― 金属モックスが戦場に出たとき、あなたの手札にあるアーティファクトでも土地でもないカードを1枚、追放してもよい。
(T):その追放されたカードと共通する好きな色のマナ1点を加える。


土地破壊を1ターン早めてくれるマナ加速金属モックス/Chrome Moxの存在も大きい。

禁止カード大量発生による親和消滅後は、スライに土地破壊を織り交ぜたものへと変化していった。

[編集] サンプルレシピ

メインデッキ (60)
クリーチャー (6)
4 弧炎撒き/Arc-Slogger
2 刃の翼ロリックス/Rorix Bladewing
呪文 (30)
4 静電気の稲妻/Electrostatic Bolt
4 粉砕/Shatter
4 紅蓮地獄/Pyroclasm
1 溶鉱炉の脈動/Pulse of the Forge
4 石の雨/Stone Rain
4 溶鉄の雨/Molten Rain
3 破砕/Demolish
4 煮えたぎる歌/Seething Song
2 守護像/Guardian Idol
土地 (24)
18 山/Mountain
2 忘れられた洞窟/Forgotten Cave
4 ちらつき蛾の生息地/Blinkmoth Nexus
サイドボード
4 野火/Flashfires
1 隔離するタイタン/Sundering Titan
3 忘却石/Oblivion Stone
4 星の嵐/Starstorm
3 秘宝の障壁/Relic Barrier

[編集] マスクス・ブロック+インベイジョン・ブロック期

要のなだれ乗り/Avalanche Ridersを失い、ファイアーズなどが台頭してきた逆境の時代。それでもなお、リシャーダの港/Rishadan Portのために単色化した土地破壊デッキが登場した。


Seal of Fire / 炎の印章 (赤)
エンチャント

炎の印章を生け贄に捧げる:クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。炎の印章はそれに2点のダメージを与える。



Rishadan Port / リシャーダの港
土地

(T):(◇)を加える。
(1),(T):土地1つを対象とし、それをタップする。


定番の石の雨/Stone Rain略奪/Pillageに加え、リシャーダの港や黄塵地帯/Dust Bowlからみつく鉄線/Tangle Wireなどでマナ拘束し相手の動きを縛る。土地破壊の効きづらいファイアーズには火力マナ・クリーチャー焼くことで足を止める。

この時期は多色デッキが全盛であったため、デッキが上手く回れば確実に勝利を掴むことができる。

[編集] サンプルレシピ

メインデッキ (61)
クリーチャー (11)
4 スキジック/Skizzik
4 モグの歩哨/Mogg Sentry
3 クリスの魔道士/Kris Mage
呪文 (26)
4 略奪/Pillage
4 石の雨/Stone Rain
3 ショック/Shock
4 炎の印章/Seal of Fire
4 からみつく鉄線/Tangle Wire
4 血の誓い/Blood Oath
3 ウルザの激怒/Urza's Rage
土地 (24)
17 山/Mountain
2 黄塵地帯/Dust Bowl
1 ケルドの死滅都市/Keldon Necropolis
4 リシャーダの港/Rishadan Port
サイドボード
3 沸騰/Boil
3 モグの分捕り/Mogg Salvage
2 抹消/Obliterate
2 タールルームの勇士ターンガース/Tahngarth, Talruum Hero
2 落盤/Cave-In
2 地震の魔道士/Seismic Mage
1 岩滓の猫/Scoria Cat

[編集] ウルザ・ブロック+マスクス・ブロック期

前の時期のものから打って変わって序盤土地破壊で足を止め、戦場コントロールを確定させた上で大型クリーチャーでゆっくり勝利するタイプに変化した。


Masticore / マスティコア (4)
アーティファクト クリーチャー — マスティコア(Masticore)

あなたのアップキープの開始時に、あなたがカードを1枚捨てないかぎり、マスティコアを生け贄に捧げる。
(2):クリーチャー1体を対象とする。マスティコアはそれに1点のダメージを与える。
(2):マスティコアを再生する。

4/4


Rishadan Port / リシャーダの港
土地

(T):(◇)を加える。
(1),(T):土地1つを対象とし、それをタップする。


カウンターされないリシャーダの港/Rishadan Portの存在も大きい。

[編集] サンプルレシピ

メインデッキ (60)
クリーチャー (8)
4 なだれ乗り/Avalanche Riders
1 稲妻のドラゴン/Lightning Dragon
3 マスティコア/Masticore
呪文 (27)
3 緋色のダイアモンド/Fire Diamond
2 火薬樽/Powder Keg
1 落盤/Cave-In
3 地震/Earthquake
2 ボガーダンの鎚/Hammer of Bogardan
4 略奪/Pillage
4 石の雨/Stone Rain
2 地盤の亀裂/Tectonic Break
2 ショック/Shock
4 炎の印章/Seal of Fire
土地 (25)
14 山/Mountain
3 黄塵地帯/Dust Bowl
4 ギトゥの宿営地/Ghitu Encampment
4 リシャーダの港/Rishadan Port
サイドボード
3 スランの鋳造所/Thran Foundry
3 粉みじん/Pulverize
2 地盤の亀裂/Tectonic Break
4 沸騰/Boil
3 モグの分捕り/Mogg Salvage

[編集] テンペスト・ブロック+ウルザ・ブロック期

テンペスト・ブロックの優秀なウィニークリーチャーを高速展開しつつ土地を縛り、使い回しの利くボガーダンの鎚/Hammer of Bogardan呪われた巻物/Cursed Scrollで相手を沈める。


Mogg Fanatic / モグの狂信者 (赤)
クリーチャー — ゴブリン(Goblin)

モグの狂信者を生け贄に捧げる:クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。モグの狂信者はそれに1点のダメージを与える。

1/1


Wasteland / 不毛の大地
土地

(T):(◇)を加える。
(T),不毛の大地を生け贄に捧げる:基本でない土地1つを対象とし、それを破壊する。


デッキの特性上パーミッションや遅いコントロールデッキに強い。世界選手権99でもベスト8に2人を輩出している。(デッキリストWorld Championship Decks 1999を参照のこと。)

[編集] エクステンデッド(アラーラ期~)

2008年のアラーラの断片参入に伴うローテーション後も、細々とではあるが存続している。


Magus of the Moon / 月の大魔術師 (2)(赤)
クリーチャー — 人間(Human) ウィザード(Wizard)

基本でない土地は山(Mountain)である。

2/2

環境柄、基本でない土地が多彩であり、かつそれを利用したデッキが多いので食い物に出来るデッキは多いように思われるが、今のところ赤単に関してはデミゴッド・ストンピィの爆発力の方が環境に与えている影響の方が大きいようである。

[編集] サンプルレシピ

メインデッキ (60)
クリーチャー (19)
4 焦熱の火猫/Blistering Firecat
4 モグの狂信者/Mogg Fanatic
4 運命の大立者/Figure of Destiny
4 月の大魔術師/Magus of the Moon
3 ドワーフの爆風掘り/Dwarven Blastminer
呪文 (22)
4 マグマの噴流/Magma Jet
3 爆片破/Shrapnel Blast
4 火葬/Incinerate
2 粉々/Smash to Smithereens
4 溶鉄の雨/Molten Rain
4 金属モックス/Chrome Mox
1 梅澤の十手/Umezawa's Jitte
土地 (19)
11 山/Mountain
3 ちらつき蛾の生息地/Blinkmoth Nexus
4 大焼炉/Great Furnace
1 ケルドの巨石/Keldon Megaliths
サイドボード
3 沸騰/Boil
3 火山の流弾/Volcanic Fallout
2 破壊放題/Shattering Spree
3 大祖始の遺産/Relic of Progenitus
4 三なる宝球/Trinisphere

[編集] 旧エクステンデッド

エクステンデッド土地破壊デッキは、Red Deck Winsなどスライビートダウンに土地破壊要素を織り交ぜたものが多いが、純粋なポンザスタイルのデッキも存在する。


Wasteland / 不毛の大地
土地

(T):(◇)を加える。
(T),不毛の大地を生け贄に捧げる:基本でない土地1つを対象とし、それを破壊する。



Rishadan Port / リシャーダの港
土地

(T):(◇)を加える。
(1),(T):土地1つを対象とし、それをタップする。


リシャーダの港/Rishadan Port不毛の大地/Wastelandなど、呪文以外の土地妨害手段が豊富なのが大きい。

動きはテンペスト~ウルザ期のものとほぼ同じで、土地破壊で相手の動きを縛りつつ少数のクリーチャー火力勝利する。

[編集] サンプルレシピ

メインデッキ (60)
クリーチャー (14)
4 ジャッカルの仔/Jackal Pup
4 モグの狂信者/Mogg Fanatic
4 なだれ乗り/Avalanche Riders
2 ドワーフ鉱夫/Dwarven Miner
呪文 (21)
4 略奪/Pillage
4 石の雨/Stone Rain
3 炎の印章/Seal of Fire
3 火葬/Incinerate
3 呪われた巻物/Cursed Scroll
2 ボガーダンの鎚/Hammer of Bogardan
2 落盤/Cave-In
土地 (25)
13 山/Mountain
2 黄塵地帯/Dust Bowl
2 ギトゥの宿営地/Ghitu Encampment
4 リシャーダの港/Rishadan Port
4 不毛の大地/Wasteland
サイドボード
4 紅蓮破/Pyroblast
4 抵抗の宝球/Sphere of Resistance
2 ネビニラルの円盤/Nevinyrral's Disk
2 Anarchy
1 ドワーフ鉱夫/Dwarven Miner
2 ボトルのノーム/Bottle Gnomes

[編集] 参考

QR Code.gif