忘却石/Oblivion Stone

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Oblivion Stone / 忘却石 (3)
アーティファクト

(4),(T):パーマネント1つを対象とする。その上に運命(fate)カウンターを1個置く。
(5),(T),忘却石を生け贄に捧げる:運命カウンターが置かれていない、すべての土地でないパーマネントを破壊する。その後すべてのパーマネントの上からすべての運命カウンターを取り除く。


強力なリセットであるアーティファクトとして有名な、ネビニラルの円盤/Nevinyrral's Diskリメイク

ネビニラルの円盤と比べて、マナさえあれば即起動できるようになっている点のほか、運命カウンターを置くことで任意のパーマネント破壊から救えるという特徴がある。また、後年に登場したプレインズウォーカーを破壊できるのは本家には無い長所。しかしながら、アーティファクト・土地クリーチャー化した土地を破壊できず、起動コスト重いというはっきりとした弱点もある。

登場時のスタンダードでは、他に選択肢が無かったのを差し引いても多くのデッキで採用された。やはり「あらゆる種類の致命的なパーマネントをまとめて処理できる」「デッキカラーを選ばず使える」という二点が大きく、コントロールデッキはもとより、ゴブリンなどの高速ビートダウンでも、(主に対策への対策として)これに頼る事があったほどである。また、12postウルザトロンなど、膨大なマナを捻出できるデッキでは「即起動できる」という長所を最大限に活かせるため、積極的に採用された。

[編集] 参考

QR Code.gif