シミックの成長室/Simic Growth Chamber

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Simic Growth Chamber / シミックの成長室
土地

シミックの成長室はタップ状態で戦場に出る。
シミックの成長室が戦場に出たとき、あなたがコントロールする土地1つをオーナーの手札に戻す。
(T):(緑)(青)を加える。


シミック連合/The Simic Combine緑青バウンスランド

コモンにして2土地ということでリミテッドではかなり強力。マナ・クリーチャーも絡めればそれほど隙を作らずに済むため、構築でも悪くないだろう。

緑青は殴打蔦の葛/Vinelasher Kudzuを中心としたビートダウンまたはクロック・パーミッションが1つのアーキタイプとなっている。そのため、同クリーチャーシナジーを持つこれは、ほとんど打ち消しを擁さないビートダウンでも、3枚~4枚と多めに採用されていることが多い。

緑青デッキであるモダンAmulet Comboでは精力の護符/Amulet of Vigorとの相性から4枚積みされる。

  • 「growth chamber」とは、主に植物の生育に必要な条件(気温、湿度、光など)を人工的に調節する装置のこと。日本語では「生育箱」や「人工気象器」などと訳される。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ラヴニカ・ブロック初出のバウンスランドサイクルタップインで、戦場に出たときに自身コントロールする土地を1つ手札戻す。すべてのJohn Avon氏によって描かれている。

ビジョンズのサイクル(乾燥高原/Karooなど)の上位互換。共通の特徴として、これへの破壊バウンスは、テンポ・アドバンテージ面でとても有効。

[編集] 参考

QR Code.gif