翼膜のバイパー/Patagia Viper

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Patagia Viper / 翼膜のバイパー (3)(緑)
クリーチャー — 蛇(Snake)

飛行
翼膜のバイパーが戦場に出たとき、緑であり青である1/1の蛇(Snake)クリーチャー・トークンを2体生成する。
翼膜のバイパーが戦場に出たとき、それを唱えるために(青)が使われていないかぎり、それを生け贄に捧げる。

2/1

ディセンションCIP能力つき向上クリーチャー青マナ支払えば4マナで3体のクリーチャー展開できるので、クリーチャーの頭数が重要なリミテッドでは強力。

構築でも錯乱した隠遁者/Deranged Hermitが採用された実績があるので、クリーチャーの頭数が重視されるデッキやクリーチャーをリソースとして利用できるデッキならば考慮すべきカードである。

スタンダードでは蛇デッキの航空戦力として活躍。トークンも含め清められし者、せし郎/Seshiro the Anointed強化できる上、そう介の召喚術/Sosuke's Summons回収もできると良い事尽くめである。

  • これ自身は飛行を持っているが、トークンは飛行を持たないので注意。
  • 「green and blue Snake creature tokens」という表記から、「片方がでもう片方が」と誤解されがちであるが、戦場に出るトークンは緑青多色が2つである。日本語版カードでは「緑であり青である」と表記されており誤解の心配は少ない。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ディセンション向上クリーチャーサイクル。2つのCIP能力を持ち、対応するギルド色マナ支払っていなければ、戦場に出たときに生け贄に捧げられる

唱えられる以外の方法で戦場に出た場合は、基本的に必要な色マナが支払われていないため、CIP能力で強制的に生け贄に捧げなければならない。

[編集] 参考

QR Code.gif