機知の終わり/Wit's End

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Wit's End / 機知の終わり (5)(黒)(黒)
ソーサリー

プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーは自分の手札を捨てる。


7マナ手札破壊呪文空虚自身/One with Nothingは1マナだが、対戦相手対象にとれるようになるとさすがにマナ・コストは慎重にならざるを得なかったのだろうか。おそらく精神ヘドロ/Mind Sludgeを参考にしてマナ・コストに調整が加えられたのだろうが、ここまで重いと手札破壊として致命的である。

しかしながらハートビート系のデッキでは3〜4ターン目に唱えられることもあり、通ってしまえばコンボ阻止はほぼ不可能。すべてを護るもの、母聖樹/Boseiju, Who Shelters All経由ならばこれ自体もなかなか止まらない。ターボジョークルしかり、7〜8マナクラスでもゲームさえ終わるなら悪くない選択肢である。

ただし、普通のデッキなら迫害/Persecuteで十分な場合も多い。リミテッドでも、このマナ・コストならば呪詛/Hex等の様にボード・アドバンテージに直結した効果の方がありがたいだろう。

[編集] イラスト

ディセンション版は、もぎとり/Mutilateを彷彿とさせる、なかなかに凄まじいイラストである。公式ハンドブックには、『マジック史上最も鼻の穴が目立ったカード』という見解がなされていたりする。プレミアム・カード版のインパクトは一見の価値あり。

世の中には、その光景があまりに強烈であるために、一目見ただけで心に焼き付いてしまうものがある。さあ、共に無を見てみようではないか。
ザデック

一方、再録された基本セット2013版は、ニコル・ボーラス/Nicol Bolasが登場する非常に格好良いイラストとなっている。クリーチャーだった頃のニコル・ボーラス/Nicol Bolasの手札破壊能力を意識していると思われる。

[編集] 参考

QR Code.gif