拘束+決心/Bound+Determined

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Bound / 拘束 (3)(黒)(緑)
インスタント

クリーチャーを1体生け贄に捧げる。あなたの墓地にあるカードを、最大X枚まであなたの手札に戻す。Xはそのクリーチャーの色の数である。このカードを追放する。

Determined / 決心 (緑)(青)
インスタント

このターン、あなたがコントロールする他の呪文は、呪文や能力によっては打ち消されない。
カードを1枚引く。


ディセンションで久しぶりに帰って来た分割カードとその対抗色バージョン。さすがにレアかつ多色なだけあって、インベイジョンのそれらよりも効果が派手である。

拘束は墓地からのカード回収クリーチャー生け贄が必要であるため、そのまま使うと枚数面・テンポ面・戦術面のすべてでアドバンテージに負担がかかるが、インスタントであるため対戦相手除去対応して唱えるなどの工夫で補える。回収する枚数は生け贄のクリーチャーのの数を参照するため、ほとんどの場合は1~2枚になる。マナ・コストが近い再供給/Restockと比較すれば2枚でも十分に有用だろう。あわよくば早変わり/Quickchangeギルド渡りの急使/Transguild Courierと組み合わせて5枚回収と行きたいが、枚数ばかり増やしても墓地の質が伴わないとあまり意味がないため、兼ね合いを考えて使いたい。

決心はのお家芸である打ち消されない効果によってほかの呪文を守ることができる。赤の圧服/Overmaster緑青になったら全種類の呪文を守れるようになった。通常この手の効果は次の1つの呪文に限定されるが決心にそんな制限はない。エンチャント呪文とアーティファクト呪文を守ることができるのはこのカードが初めてである。軽めキャントリップなので色さえ合えば無駄カードにならないところも評価できる。

  • 拘束のクリーチャーの生け贄は、効果の一部であって追加コストではない。またその色を参照して回収するカードの枚数が決定するのも解決時であるし、それらを選ぶのも解決時である。
    • 生け贄に捧げたあとで墓地のカードを選ぶことになるため、生け贄に捧げたばかりのクリーチャーを即回収することができる。
  • 登場時は等時の王笏/Isochron Scepter刻印して好きな側を唱えることができたが、アモンケット発売時の分割カード点数で見たマナ・コストのルール変更により刻印できなくなった。
  • "Bound and Determined"は「固く決心する」「不退転」の意。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ディセンション対抗色多色分割カードサイクル

[編集] 参考

QR Code.gif