研究+開発/Research+Development

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Research / 研究 (緑)(青)
インスタント

ゲームの外部にある、あなたがオーナーであるカードを最大4枚まで選び、それらをあなたのライブラリーに加えて切り直す。

Development / 開発 (3)(青)(赤)
インスタント

対戦相手1人があなたがカードを1枚引くことを認めないかぎり、赤の3/1のエレメンタル(Elemental)・クリーチャー・トークンを1体生成する。この手順をさらに2回繰り返す。


ディセンションで久しぶりに帰って来た分割カードとその対抗色バージョン。さすがにレアかつ多色カードなだけあって、インベイジョンのそれらよりも効果が派手である。

[編集] 研究/Research

研究は願いに似たような効果である。一気に4枚も持って来られる上にカード・タイプを選ばないが、持ってきたカード手札ではなくライブラリーに行ってしまう。そのままでは2マナとカード1枚を使ってサイドボードするくらいの意味しかないが、何らかのサーチ手段と組み合わせれば願いと同様の働きをしてくれる。それでも基本的に手札の枚数は減ってしまうので、願いに比べると扱いづらい。

[編集] 開発/Development

開発はイゼットの組み合わせだけあり、例によってバクチ的な色合いが強い。要約すると、

  1. 「あなたはカードを3枚引く
  2. 「あなたはカードを2枚引き、3/1のトークンを1体生成する」
  3. 「あなたはカードを1枚引き、3/1のトークンを2体生成する」
  4. 「3/1のトークンを3体生成する」

のいずれかを対戦相手に選んでもらう訳だが、やはり確実性に欠ける。インスタントで3枚も引ける呪文は珍しいが、ドロー目当てでこれを唱えるとクリーチャー・トークンをプレゼントされて困ることになる。ドローでもトークンでも役に立つような青赤バーンデッキでもあれば無駄なく役に立つだろうが。そもそも青の5マナドロー呪文ならば無条件に3枚引いてもおかしくはない。にもかかわらず多色でかつ選択権が相手にあるのは、やはり分割カードとしての柔軟性を考慮した結果であろう。

[編集] その他

  • かつては等時の王笏/Isochron Scepterに刻印し、開発の方を唱えることでアドバンテージを稼げたが、分割カードのルール変更により刻印できなくなってしまった。
  • カード名のReserch & Developmentといえば"R&D"、企業における「研究開発部」のこと。マジック世界においてもWotC社コラムや銀枠カードでよく見かける言葉である。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ディセンション対抗色多色分割カードサイクル

[編集] 参考

QR Code.gif