苛立ちの呪い/Nettling Curse

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Nettling Curse / 苛立ちの呪い (2)(黒)
エンチャント — オーラ(Aura)

エンチャント(クリーチャー)
エンチャントされているクリーチャーが攻撃かブロックするたび、それのコントローラーは3点のライフを失う。
(1)(赤):エンチャントされているクリーチャーは、このターン可能ならば攻撃する。


クリーチャーに心理的な攻撃ブロック制限をかけるオーラ汚染された結合/Contaminated Bondから1マナ重くなった分のオマケとして、(1)()を注ぐことにより攻撃強制をかけられるようになっている。

が合うのならば毎ターン3点のダメージクロックとして使うこともできるがそれでも採用するかは微妙。

対戦相手パワーが3以下のクリーチャーにつけ完全無欠の魂/Souls of the Faultlessでブロックすると結構な量のライフ失わせることもできる。ただ、能力起動するためのマナが合わない上、状況が限定されやすいのが難点ではある。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ラヴニカ・ブロックの、ギルドで対となるマナ起動に要する単色パーマネント。ギルドごとに両色1枚ずつ存在する。

ラヴニカ:ギルドの都

ギルドパクト

ディセンション

深き闇のエルフのみ、黒マナを要求するのではなく生み出す。(JUST THE TEN OF US/十人だけで

[編集] 参考

QR Code.gif