ラクドスの穴開け魔道士/Rakdos Augermage

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Rakdos Augermage / ラクドスの穴開け魔道士 (黒)(黒)(赤)
クリーチャー — 人間(Human) ウィザード(Wizard)

先制攻撃
(T):対戦相手1人を対象とする。あなたの手札を公開し、そのプレイヤーが選んだカードを1枚捨てる。その後そのプレイヤーは自分の手札を公開し、あなたが選んだカードを1枚捨てる。この能力は、あなたがソーサリーを唱えられるときにのみ起動できる。

3/2

ラクドス教団所属のウィザード頭でっかち気味のP/T先制攻撃と攻撃的な性能で、さらにスーサイド風味の手札破壊というラクドスらしい能力を持つ。

対戦相手とお互いに強要/Coercionというのは、一見ほとんど得にならない能力に思えるが、黒赤お得意のアグロ戦略ならばいいカードはどんどん使ってしまうので自分の首を絞める結果にはなりにくいし、もし手札に温存したいカードがあるなら単に起動しなければよいので、案外扱いやすい。しかるべきデッキで使えば、中盤以降はほとんど一方的な手札破壊として機能するだろう。暴勇の条件を満たしやすくなるのも好印象。

戦闘起動型能力の両立ができない点が惜しまれるが、そこまで求めるのは贅沢というものだろう。

[編集] インビテーショナルカード

このカードはインビテーショナル05優勝者、Terry Sohによってデザインされたインビテーショナルカードである。

元のデザインは以下のような感じ。


非公式/非実在カード

Jin.Master of Disruption (黒)(黒)
クリーチャー ― ゾンビ(Zombie) ウィザード(Wizard)

(0):プレイヤー1人を対象とする。あなたの手札を公開し、そのプレイヤーが選んだカードを1枚捨てる。その後、そのプレイヤーは自分の手札を公開し、あなたが選んだカードを1枚捨てる。この能力は、あなたがソーサリーをプレイできるときにしかプレイできず、各ターンに一度しかプレイできない。

2/2


手札を弄くる能力を買われてかラクドス教団所属となり、それに応じた細かな変更が行われた。変更は、歴代のインビテーショナルカードの中では些細なほうである。

実際のカードでは赤マナが1つ増え、パワー+1と先制攻撃を得て、より攻撃的になった。手札破壊能力のほうは、そのままだと2ターン目から対戦相手土地捨てさせることができるうえ、攻撃しながら能力が使えるため少々強力すぎると判断されたか、タップ能力にしてバランスを取っている。

[編集] 参考

QR Code.gif