ギデオン・ジュラ/Gideon Jura

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Gideon Jura / ギデオン・ジュラ (3)(白)(白)
伝説のプレインズウォーカー — ギデオン(Gideon)

[+2]:対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーの次のターンの間、そのプレイヤーがコントロールするクリーチャーは可能ならギデオン・ジュラを攻撃する。
[-2]:タップ状態のクリーチャー1体を対象とし、それを破壊する。
[0]:ターン終了時まで、ギデオン・ジュラは6/6の人間(Human)・兵士(Soldier)クリーチャーになる。それはプレインズウォーカーでもある。このターン、彼に与えられるすべてのダメージを軽減する。

6

エルドラージ覚醒で登場したプレインズウォーカー忠誠度能力は自身への攻撃強制クリーチャー除去、自身のクリーチャー化

ギデオン・ジュラ/Gideon Jura本人の正義感の強さが色濃く反映されており、全体的にプレインズウォーカーとしてはかなりの変わり種である。

+2能力
対戦相手の全クリーチャーに対するギデオンへの攻撃強制。
自分や他のプレインズウォーカーへの攻撃をどうしても避けたい時に身代わりとして使うこともできるし、次の自分の攻撃を通したい時にも有効。白が得意とするレンジストライク系能力との組み合わせも有効で、光雷原/Lightmine Field飛来する矢の罠/Arrow Volley Trapなどと組み合わせると対戦相手のクリーチャー群を一掃できる。
-2能力
復讐/Vengeance
忠誠度-2とややコストが大きいが、ギデオンの持つマイナス能力はこれのみなのであまり気にならない。対象のクリーチャーを一度は行動させる必要があるが、タップ状態であること以外の制限はなく使いやすい。+2能力を利用すればシステムクリーチャーも仕留めることが可能で、復讐と同様にタッパーとの併用も有効である。
±0能力
ギデオン自身が、受けるすべてのダメージ軽減する6/6の大型クリーチャーになる。
回避能力を持たないが6/6とパワフルな上にダメージを受け付けないので強力なアタッカーになる(基本的にブロックはできない)。当然破滅の刃/Doom Bladeのようなクリーチャー除去は効くようになってしまうことに留意。

構築での役割は、主にコントロールでのブロッカーフィニッシャービートダウンを相手取った時、1番目の能力を使えば忘却の輪/Oblivion Ringなどを受けない限り確実に1ターン凌ぐことができ、忠誠度が残っている限りプレイヤーや仲間のプレインズウォーカーを守り続けてくれる。ミラディンの傷跡ブロック剣サイクルのようなサボタージュ能力を封じ込めてしまうのも注目点。また、全体除去に強くブロッカーを能動的に排除できる5マナ6/6として中低速ビートダウンに採用されることもある。派手な大技や明確なアドバンテージを取れる能力こそ持たないが、堅実で強力なプレインズウォーカーと言える。

スタンダードはビートダウンが流行していたため採用率は低くなく、Magic Onlineのスタンダードデイリーで優勝したエスパープレインズウォーカーコントロールにも採用されている。

クリーチャー同士の戦闘が多いリミテッドではさらに支配的な強さを見せる。除去されづらい「1枚で勝てる」カードであり、余程の劣勢でなければ容易に逆転してしまう力を持っている。

[編集] ルール

+2能力
  • この能力が与える攻撃強制は、解決時に対象の対戦相手がコントロールしていたクリーチャーに限らない。そのプレイヤーの次のターンの間、そのプレイヤーがコントロールするすべてのクリーチャーは可能ならギデオンを攻撃する(CR:611.2c)。
  • ノーンの別館/Norn's Annexなどでギデオンへの攻撃にコストが課される場合、強制は働かない。プレイヤーを攻撃はできないが、コストを払いギデオンを攻撃するか、コストを払わず何も攻撃しないかを選べる(CR:508.1d)。
  • そのプレイヤーの次のターンの間に複数の戦闘フェイズがある場合、そのすべてにおいて可能ならギデオンを攻撃しなければならない。
±0能力

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ゼンディカー・ブロックプレインズウォーカーのメガサイクルブロック全体を通して各に1人ずつ収録された。

その他、黒赤のプレインズウォーカーとして狂乱のサルカン/Sarkhan the Madが存在している。

基本セット2012プレインズウォーカーサイクルギデオン・ジュラ/Gideon Juraソリン・マルコフ/Sorin Markov再録

[編集] ストーリー

詳細はギデオン・ジュラ/Gideon Jura (ストーリー)を参照。

[編集] その他

日本語版のルール文章に「」と書かれている珍しいカード。原文は「him」。そのカード自身を指す代名詞としては通常「it」が使われるが、これ以降、ストーリー上でプレインズウォーカー/Planeswalkerであるカードを指す場合には「he」か「she」の格変化が用いられるようになった。

後の情け知らずのガラク/Garruk Relentless正義の勇者ギデオン/Gideon, Champion of Justiceでも同様に「彼」と訳されているが、マジック・オリジン以降は定訳が「これ」もしくは「それ」に変更され、日本語版のルール文章で「彼」「彼女」が使われることはなくなった。

[編集] 参考

QR Code.gif